長谷川和夫先生に聞いた!認知症テスト(長谷川式認知症スケール)を受けるときの3つの注意点

認知症と関わることになったら、必ず最初にお世話になる 「長谷川式認知症スケール」。この認知症テストの開発者が、聖マリアンナ医科大特別顧問の長谷川和夫先生です。

一応、ご存知ない方のために、長谷川式認知症スケールはこちらです↓

「えっ、あの長谷川式認知症スケールの長谷川先生?」

と知っている人は当然なるわけで、早速2時間の講演に参加してきました。またこの講演会に参加すると、「認知症サポーター」 になれて、その証明である 「オレンジリング」 を手に入れることができました。こちらです↓

20140206_125004

講座を通して、認知症の正しい知識やつきあい方を理解し、自分のできる範囲で認知症の人を応援するのが、「認知症サポーター」の役割です。リング自体はお部屋に飾ってますが、今後もブログを通じて認知症の人を応援します!講演会に話を戻しますね。

講演の中で、「あれ?これ聞いたことないな?」 というポイントをいくつかご紹介します。

1.年齢別の 「認知症」 出現率

データがちょっと古すぎる?と正直思ったんですが、下記は平成4年のデータです。「100人あたり各世代でどれくらい認知症になるのか」 というデータですが、

65歳~69歳 1.5人
70歳~74歳 3.6人 → うちの母はココ
75歳~79歳 7.1人
80歳~84歳 14.6人
85歳以上   27.3人

5歳刻みでだいたい倍に増えていくんですね。我が家はやっぱり発症が早い方だ・・・と愕然としました。平成26年の今はどうなっているんでしょうか?数値は、改善はされていない気がします。 

2.長谷川式スケール 施行の注意点

ここに食いついた受講者はいないと思いますが、わたしはこのプレゼンが一番印象に残りました。長谷川先生が言っていた印象的な言葉のひとつに、

「長谷川式認知症スケールは認知症本人には、何にもならない」
「このテストだけが、すべてではない」

と言ったことです。確かにそうなんですが、開発者の長谷川先生がそう言ったってのが、ちょっとびっくりです。開発者ですから、

「認知症本人のためにも、ぜひ実施してください!」
「テストをやれば、すべてが分かります!」

ぐらいの勢いで話すとばかり思ってました。長谷川先生の言うとおりなんですよね、長谷川式認知症スケールはあくまで目安でしかありません。で、肝心の注意点ですが、

1.お願いする姿勢
2.利用者の答え方に注意する
3.1年に1回が原則。特別に行う時には、説明して了解をとること。

認知症本人には何にもならない と言ってたこととリンクしますね。わたしは1年で何回もテストするものだとばかり思っていたので、そんなに何回もテストする必要はないんだなと。確かにテストを受けさせられる、認知症本人からすればストレスでしかありません。

あくまで、”お願いする” という事が大事だそうで、これは目からウロコでした。

こういったブログを書いたり、コウノメソッドのおかげで自分で認知症の勉強をしているせいかもしれません・・・それ以外は新しい発見は特になかったんですが、

「この人が認知症テストを開発したんだぁ~」

ということが分かりました(笑)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)