福祉が 「カワイイ!カッコいい!やばい!」 超福祉展

渋谷ヒカリエで11月18日(火)まで開催中の「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」

すべてがカワイイ、カッコいい、やばいんですが、この展示会のキャッチコピーがすごくよくて、引用しますね。

福祉や福祉機器と聞いても、なんとなく「自分には関係ない」と感じてしまう人も少なくないと思います。日本では建物や道路の物理的なバリアは年々低くなる一方で、一人ひとりの心の中に存在する「意識のバリア」はまだまだ高いまま。今回の展覧会では、思わず「カッコいい」と着けてみたくなる、「カワイイ」と使ってみたくなるデザイン、また健常者以上の機能を与えてくれる「ヤバイ」テクノロジーの福祉機器や福祉サービスを集めました。

何かかっこいい!とか、何かカワイイ!って言うのは、とても大切なんですよね。使い方もよく分からないけど、iphoneかっこいいから買っちゃう的な。いろんな啓蒙活動ってありますが、福祉や介護の世界もこういうやり方が一番響くんだろうな・・・特に若い人には。

福祉や介護系イベントでは見たことないオサレなロゴ。
002

かっこいいハンドバイク。車椅子の方用だったのが、障害の有無に関係なく楽しめる乗り物に。028

人気モデルのお2人が、セグウェイに乗ってGO!007

車椅子にセグウェイの技術を取り込んだGenny2.0
020

骨肉腫で右足を失ったアンピュティー・モデルのGIMICOさん。カッコいいです!030

無動力で歩行を支援してくれます
035

この電動歩行カート、下り坂道ではブレーキが自動でかかり、上りはアシストしてくれます。
017

攻殻機動隊モデルのReebokの靴。
004

宇宙兄弟のムッタとシャロン博士
016

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか