認知症介護する人はやはり「家族のたどる4つの心理的『神』ステップ」を知っておくべき!

4つの心理的ステップ

先日、ドラえもんの声でおなじみの大山のぶ代さんの夫、砂川啓介さんと、川崎幸クリニック院長・杉山孝博先生の講演会に行ってきました。

参加した人の多くは、砂川啓介さんの講演(大山のぶ代さんの認知症の話)を聴くために参加されたと推測しますが、わたしの目的は初めから杉山孝博先生でした。

砂川さんご自身(79歳)はがん闘病中で、抗がん剤での治療をされています。この講演のために体調を整えて参加されたそうで、それだけですごいと思いました。わたしは、砂川さんの本は読んでないのですが、出版された時期が前作と同時期だったため、たまに隣同士で本を陳列している書店さんもありました。

ライターさんが書いたものかな?と思っていたのですが、ご自身が奥さまの認知症の様子を、焼酎のみながら日記を書いていたんだそう。それをまとめて、編集して完成したらしいです。なるほど~

改めて思う認知症介護の「神」ステップのすごさ

認知症介護が始まってすぐに出会った、杉山先生の「家族のたどる4つの心理的ステップ」、そして「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」。まだ認知症の対応方法が分からなかったわたしは、なんとなく目を通しただけでしたが、母や祖母が示す症状を目の当たりにするたびに、先生の話と照らし合わせて、あ!これだ!と。

妹にもこれを読んでもらって、わが家では介護初期から怒鳴ったりすることなく、また認知症にとまどったり否定する期間も相当短く、ここまで来ました。わたしにとっては単なるステップではなく、「神」ステップと思っているので、本にもコラムにもよく引用させて頂いてます。

このステップに似たものを、ある本でたまたま見つけました。7/1発売の自著には、そういったお話も含まれています。どこかで人間は、必ずこのステップを知ることになるのです。

そんな杉山先生が何を話すのか・・・そう思って参加したら、まさかの「家族のたどる4つの心理的ステップ」の話でした。普通なら「知ってるわ~、これ」となるところですが、わたしは

くどひろ
先生の声で、4つの心理的ステップが聞けた~

なんでしょうね、この感覚。講演を聞こうと思ってもタイミングが合わず、3年以上経過していたので、やっと聴くことができたという感じです。そして、少しだけ心理的ステップがパワーアップしていました。

 心理的ステップステップの特徴
第1ステップとまどい・否定奇妙で不可解で縁遠いもの
第2ステップ混乱・怒り・拒絶異常で困惑させられる行動の連続
第3ステップ割り切り、あきらめ年を取ってくればやむをえない現象
第4ステップ受容人間的理解

ステップの特徴が一言で示されてました、読んでみても納得です。家族介護されている人の中には、何年経っても第2ステップ止まりの方が多くいらっしゃいます。いつまでも怒って、混乱している介護者です。早く第3ステップに行って!じゃないと自身が疲れるから、といろんなところで書かせて頂いてます。

今後、認知症介護でこういうステップをたどることが分かっているなら、さっさと割り切りましょう、早くラクになりましょう!こればかり訴えてます。一定の時間はかかります、そう簡単に割り切れるものではありません。ただ、2年も3年も介護者が怒ってたら、認知症ご本人の症状も悪化の一途です。自分にも認知症ご本人のためにも、「早く」割り切れるよう努力することが大切なんですよね。

杉山先生は家族の会の副代表理事ということもあって、医師でありながら、視点が介護者目線なんです。医師の認知症講演を聴くと、必ずどこかで意味が分からなかったり、キョトンとする場面があるのですが、杉山先生のお話は分かりやすいです。

「あ~、あるある。分かる分かる」

「いい意味で」医師っぽさがない、分かりやすいお話でした。配られた資料に、こんな原則も紹介されていました。

認知症の人の激しい言動を理解するための3原則

第1原則 本人の記憶がなければ本人にとっては事実ではない
第2原則 本人が思ったことは本人にとっては絶対的な事実である
第3原則 認知症が進行してもプライドがある

本当にそうなんですよね。でも、認知症の方以外も、実は同じです。どんな人でも何かを否定されたら、全力で自分を守ろうとしませんか?人は何かを否定されたら、すべてを捨てて全力を守ろうとする・・・このフレーズ、確か「人を動かす」という名著にあった気がします。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)