えっ?パチンコ・パチスロが認知症予防に効果があるって?

記事のネタ元が、わたしがあんまり好きじゃない週刊誌 ”女性セブン” なんですが、認知症に効くという言葉を見つければ試せるものは試す!ってのが、自分のスタンスだし、ブログで紹介するのもスタンス・・・ということで、以下記事を一部引用します。

諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授は、中高年を対象にスロットを遊技中の脳内活動を測定するテストを行った。その結果、空間認知にかかわる頭頂葉と左側の前頭葉が活性化し、1か月のスロットを使ったトレーニングで認知機能が向上しました。最近はパチンコにも自分で押すボタンがあるので、パチスロと同じ効果があると考えられます』(篠原教授)

 

パチスロに認知症予防効果説「長寿の拠点」狙うパチンコ店も│NEWSポストセブンパチスロに認知症予防効果説「長寿の拠点」狙うパチンコ店も│NEWSポストセブン

単純に記事を読むと、それじゃぁ認知症の人をあのうるさいパチンコ屋へ連れて行くの?となるんですが、調べてみるとそういう単純な話ではなく、なかなか面白い取組をしています。

東京都東村山市にある 「パチンコ大学95久米川店」  の取り組みとは?

こちらのパチンコ屋さんは、篠原教授が提唱するパチンコ屋から発信する健康施策、”けんぱち(健康ぱちんこ)” を実践しています。ホール(パチンコ店)が、”パチンコ” を利用して、地域やお客様の脳や健康を保つという取り組みです。活気的ですよね~

パチンコ屋というと、地域からは建設反対!など憂き目を見ているお邪魔な存在ですが、そんなイメージを払しょくするこの取組。

篠原教授曰く、

『パチンコ、パチスロは脳の活性化につながります。また遊技中はリラックス効果があることも実証されています。』

確かにパチンコのリーチの瞬間や、パチスロのリーチ目を見た時は大興奮しますし、ストレスもすっ飛びます!でも負けるとストレスが倍増するというおまけつきなんですが、こちらのパチンコ店は”1パチ”です。1000円だと1000発遊べるのが特徴で、これだけ玉があればそんなに大負けもしませんし、長時間楽しめます。(通常は4パチと言って、1000円で250発)

さらにパチンコ屋に絶対にない、”ナンプレ” が置いてあって、頭の活性化をうながしたり、パチンコ店内に漢字クイズがあったりと、パチンコ屋自体が面白い事になっています。

ご自由にどーぞ♪|パチンコ大学95☆いいとこ夢気分♪♪ご自由にどーぞ♪|パチンコ大学95☆いいとこ夢気分♪♪

あまり損もせず、パチンコやパチスロで脳を活性化して、認知機能の低下を予防する! いや、正直この取組面白いと思います!高齢者がゲームセンターに押しかけているというニュースをよく見るようになりましたが、今後はパチンコ店もニュースになるかもしれません。

篠原教授が取り組んでいるけんぱちの公式サイト

けんぱち(健康ぱちんこ)|HOMEけんぱち(健康ぱちんこ)|HOME

ってことは、ゲームセンターに行って、パチンコやパチスロをするのもありかなと思います。以前パチンコやパチスロをしていた認知症の方には、効果的かもしれませんよ。

しかし、問題はパチンコを一度もしたことがない母が、70歳にしてパチンコデビューはしないよなぁ・・・パチスロのほうをもしやるなら、目押し手伝ってあげられるのに・・・それか中古の機械を家に買うとか・・・・うちではこの取組にのれそうにないです・・・(泣)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)