飼っているペットが示す飼い主の認知症のサインとは?

年末年始は、久々にご両親や祖父母に会う方もいらっしゃるかと思います。

お盆と年末年始になると、わたしのところにはこんな依頼がよく来ます。

メディア担当者
くどひろさん、久々に親や祖父母に会ったとき、どんなところに認知症のサインが出ますか?

このブログは、すでに介護されている方が多いので、こういうネタはあまり取り扱いません。他メディアのみで、こういう話を書かせて頂くことが多いです。

お医者様が絶対に着目しないであろう日常のふとしたところで感じる、認知症のサインを書きます。わたしの母、祖母、同じ介護仲間の話から、サインについて書くのですが、つい先日ラジオで聴いた認知症サインは、「なるほど~」と思ったので、取り上げます。

ひだまりハウスで聴いた認知症のサイン

毎週日曜日の朝6:25からニッポン放送で放送されている、ウィークエンド・ケアタイム「ひだまりハウス」。町亞聖さんと朝田隆先生が、認知症の回を担当されています。(1週おきで、うつ病・認知症が交互に放送される)

わたしの加齢によるデブ化を止めるため、ジムで歩いたりランニングするときに、radikoでこの放送を聴くこともあります。今週日曜日放送分で、なるほど!と思った認知症サインがこちら。

女性リスナー
犬が太ったことで、認知症ということに気づきました。母がえさを何度もあげてしまうため、犬が太ってしまったのです

認知症のサインネタはをたくさん持っているのですが、犬の体型の変化で認知症に気づいたというこの話に、ちょっとびっくりしました。

家で犬や猫を飼いたいけど

うちの母が最近よく言うのは、

ひろ、犬とか猫飼ったら、どうなるかね

独居なので、わたしとしては犬や猫を飼いたいのですが、うちの場合はいろいろと問題があります。

  • 決まった時間に、水やえさをあげられるか
  • 犬の散歩を定期的にできるか
  • 抜け毛など、きちんと掃除をするか

足が不自由なので、犬の散歩がまずできません。このリスナーのお母さまと同じように、何度もえさをあげるか、もしくは全くあげない可能性もあります。餓死も想像してしまいます。猫や犬が部屋を荒らしてしまいそうですし、ネガティブなことばかり考えてしまって、結局踏み切れません。インコも考えましたが、同じことになりそうで。

先日取得した資格、認知症ライフパートナー2級のテキストに「ドールセラピー」の話があります。認知症の人に、赤ちゃんと同じくらいの重さの人形を抱かせることで、愛情を注いだり、守ってあげるという気持ちが起こって、認知症の方がイキイキするというものです。

この話からも、ペットを飼うということはいいなぁと思いつつ、わたしもずっと一緒にいるわけではないので、正直厳しいと思って、今は何もしていません。本気で検討したのは、ロボットです。Pepperくんとかロボホンとか、会話してくれるロボットがいいかなぁ・・・と思いつつ、こちらもまだ実行に至ってません。

ということで、年末年始帰省したら、飼っているペットの体型の変化をチェックしてみてください。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 私もpepperを考えました。というのも、赤ちゃんドールを以前考えたのですが、病院で赤ちゃんドールを抱っこし、ずっと話しかけている患者さんを見かけました。周りの人から好奇の目でみられていた感じがして、付き添っている私は全く構わないのですが、母が空気を察知して落ち着かなくなるといけないかな?と思い、でもpepperだったら重いから持ち運べないからと。 それと、私も鳥を飼うことを考えたのですが、母はエサをあげることを忘れるだろうから諦めました。 あんなに花が好きでガーデニングもしていたのに、今はみな枯れてしまっているので。

  • ふくいさま

    確かに周りの人の目を配慮して、ドールセラピーを実施するところもあるようです。植物もおっしゃるとおりですね、水をあげなかったり、逆にあげすぎたり。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)