介護者が情弱だと、認知症の人を救えない

認知症介護 情弱

情報弱者というコトバがあります、略して「情弱」。

日本はネットがどこでもつながりますが、世界だとつながらない地域もあります。わたしがケニアに行ったときは、マサイ族が携帯を使っていたのですが、アフリカにはつながらない地域もあります。そういったネット環境にないことを情報弱者と言いますが、ネット界では情報収集能力が低い人のことをよく「情弱だなぁ」といいます。(ネットスラングでもあり、ネガティブなイメージもあります)

認知症における介護者の情弱とは

わたしが半年で医者を3人変えたように、認知症の診断は医師によって全く違うのが現状です。医者と相性が悪かったこともあって、その違いを体感することができました。一般的には、医師を疑うなんて発想はなくて、最初に行った病院で最期まで頑張ろうとするし、処方されたお薬を何も疑うことなく飲むし、悪くなったら薬の量が増えてもふつうだと考えます。

仮に認知症が悪化したとしても、薬が原因なんて思わないし、加齢による進行だと信じて疑わず、最期を迎えるという方が、未だにたくさんいると思います。偶然の体験や、ネットや本で認知症を勉強したから良かったものの、自分が情弱だったら、母は今頃どうなっていたかと思うと、本当にゾッとします。

情報をいっぱい集めても、その後どうしたらいいかについては、正直答えがありません。答えを持っている医師、介護職、介護仲間に会うかどうか、あるいは自らが、認知症の方の状態を見極めるしかありません。介護者の判断ひとつで、認知症の方の運命は決まります。

介護者はすごくプレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、どの道を選ぶかで結果はだいぶ違います。風邪のように、市販薬でも治ってくれればいいのですが・・・

状況は常に変わっていく

うちはコウノメソッドを軸にしていますが、他の先生の講演も聞くようにしていますし、介護仲間の実体験なども参考にします。もちろん、ネットで情報収集もします。

2冊目の本には、「浮気性」というコトバを使ったのですが、医師も家族も進化しないといけないと思っています。これからも、いいお薬や治療法、接し方など、いろんなものが登場するはずなので、常にアップデートが必要だろうと。

情弱にならないために、インターネットを使いこなすことがいいように思えますが、そんなこともなくて、身近な介護仲間であったり、医師・介護職の方々との情報交換だって、情弱防止になります。情報収集が苦手だったら、その役割を果たしてくれる信頼できる医師・介護職に出会うことで、情報弱者にならずに済みます。

介護者が情弱にならないよう、勉強し続けることが、認知症の人を守る最強のお薬ですね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)