認知症介護の定番「家の張り紙」をこう工夫しています!

認知症 貼り紙

母の「おこだわり」について下記記事を書きましたが、長い間こだわっているのが「ご飯の炊き方」です。

認知症の母のその「おこだわり」の意味、俺に教えてくれよ!

2017.02.17

以前は家族5人で住んでいたので、5合炊きの炊飯器を使っていました。ところがわたしが上京し、父が家出し、娘が嫁いでしまって、今は独り身の母。大きい一軒家がムダなように、5合炊きの炊飯器も必要ありません。

本来なら、多くても1合を炊いて1日くらいで食べきってくれればいいのですが、母はなぜか5合キッチリ炊きます(笑)

そんなちょこっと炊いたら、ご飯がおいしくなくなる!

昔からの強い「おこだわり」でして、5合炊いたあとにカピカピのご飯を数日分けて食べます。「5合炊きのおいしさにこだわるより、毎日少しずつ炊いたほうがおいしいに決まってるだろ!」とツッコむのが普通です。結局、カピカピのご飯も食べきれずに捨ててしまいます。

この「おこだわり」に関しては、何を言っても聞く耳を持ちません。ということで、1人暮らしの時に使った3合炊きの小さな炊飯器があったので、そちらに変えることにしました。

最高でも3合しか炊けなくなり、ご飯の廃棄率は格段に減りました。それでも、73歳の母が1人で3合食べるのには時間がかかってしまい、冷蔵庫の中には古いご飯がいっぱい並んでます。

新しい習慣はじまる

以前はその古いご飯を、ご飯茶碗やジップロックに入れて、電子レンジで温めて食べていました。ところが冷蔵庫の中にご飯が見当たらず、最近は保温で炊飯器の中に入れっぱなし。ひどい時は保温せずに、炊飯器にそのまま放置するようになりました。


(3合炊きの釜に満載のごはん・・・たぶん2日目です)

ある日のこと・・・

母が炊飯器の釜を、そのまま電子レンジで温めていました。最初はこれもありなのかと思っていたのですが、ん?なんかヤバイんじゃないかと思い、ネットで調べました。すると・・・

内釜は金属なので、電波を遮断してしまうので、温まりにくいです。
また、内釜の縁に、火花が出ると思います。危険なことばかりですので、内釜はレンジに入れないでください。
引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13128620023

Yahoo!知恵袋で見つけたのですが、他にも調べると同様の回答が並んでいました。ピース又吉先生も頭をよぎったのですが、次の瞬間「火事」の危険に気づきました。

得意の張り紙

認知症介護しているご家族のあるあるで、家が張り紙だらけになるというのがあると思います。うちもそうなのですが、他と違うのは、母が分かったつもりで張り紙をはがしてしまうことです。

はいはい、もう分かったから、忘れないから!

そういって張り紙をはがします・・・で、しっかり忘れます。あと、プライドが原因だと思ってます。ヘルパーさんや看護士さんが家に来るので、張り紙が恥ずかしいと思っているのではと。何か手はないかと考えて、最近実践しているのは張り紙をパウチすることです。

単なる紙なら破り捨てても何も思わない、でもパウチをすると簡単に破ることができないし、何より少し高級感があります。ということで、洗濯機や台所にはパウチした張り紙があります。

わたしの張り紙のおこだわりは、文字だけでなく絵や写真も加えることで、イメージを直接伝えるようにしています。あとは貼る位置、できるだけ関係する場所のそばで目に入りやすいところに貼ります。

もちろん張り紙なんて、全く効果ねぇ・・・というご家族も多いでしょう。うちはホワイトボードも利用してまして、冷蔵庫にマグネットで貼ってます。

張り紙、貼る・・・どっちがどっちなんだと、一応調べながら書きました。そしてこの張り紙(記事下の写真)の問題点、分かりますか?

まさかのインク切れで、炎の赤がピンクになってます・・・認知症で色が分からないということもあるので、本当は忠実に再現したいところですが、ピンクのほうが柔らかい感じがして、今回はこのままいこうと思います。

書店のPOP作り用に買ったパウチを、今は張り紙用として使っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

認知症 貼り紙
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • 私の両親宅もご飯で悩んでおります。父が電子レンジにのドアに「温める時は湯をかける事」と張り紙をしておりますが、母は忘れるので、歯の弱い父は困っております。私が実家に行く度にラップに包み冷蔵庫に入れ、炊飯器の中に「ご飯は冷蔵庫の中に」というメモを入れておりますが、そのメモはすぐ捨ててしまい、行く度にメモを作ることになります。

  • 匿名さま

    コメントありがとうございます。

    パウチが皆さんにも有効なのかどうか分からないのですが、パウチになってから診察券のイメージなんでしょうか?前みたいに捨てることがなくなりました。お父様のために温めようとされているお母さま、ステキですね。誰かのためにという何か役割を持つことって、すごく大切だとコメントを読んで改めて思いました。

    こんな感じの紙だと、すぐ捨ててしまいます↓
    http://40kaigo.net/sick/medicine/9898/

  • なるほどー!御釜ごとレンジされると怖いですね。
    うちはもう配食を頼んでいて、自分では作りませんが、ご飯を余らせることが多く、なぜかマグカップに入れてラップをかけずに冷蔵庫に入れてあり、カチカチです。
    もはやレンジも使い方がわからなくなってきているみたいで、記憶が無くなっていくというのはしみじみ大変だなあと思います。

    貼り紙も多いですが、あまり目に入らないみたいで
    こんな風に絵にするといいですね。

  • ㎜さま

    返信遅くなりました!

    張り紙も確かにあまり目に入らなくなるというか、そのうち日常に溶け込んでいく感じがうちもします。絵や写真なら、少しは長持ちするかなと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)