久々に見つけた超オススメな認知症の本「クロワッサン特別編集:認知症を生きる」

クロワッサン 認知症

ある方から薦められたクロワッサンの認知症特集が、すごくよかったので皆さんにご紹介します!

この本のどこが素晴らしいのか

わたしがもし本の企画をさせてもらえるなら、こういう本が作りたいなと思いました。写真、アニメ、カラー、取材、文章のバランスがすごくいいので、まず読みやすいです。そして、ご家族の方は共感することが、非常に多い本です。

わたしが特に好きなのは、認知症の人へのインタビュー。認知症になったからといって、何もできなくなるわけではない、続けられることが必ずあってそれを生きがいに頑張っているご本人と、支えるご家族の姿が写真で紹介されています。

薬は飲まないと決めた母娘のお話、10代から続けてきた卓球を、仲間や家族の支えで認知症になってからも頑張る男性、どの話も同じ介護家族として、共感しっぱなしでした。

そして世間の思い込みをぶっ飛ばす「診察室の現場から」という、認知症外来にいらっしゃるご家族とご本人の悲喜こもごもなやりとりも必見です。わたしも外来で他のご家族をよく見かけるのですが、こういう光景あるよな~とつい言ってしまいました。

認知症の予防に関しても、確かにテレビでよく紹介される方法が本当にいいのか?考えさせられる内容です。

どんな方にオススメの本か

  • これから認知症介護が始まるかもしれない人たち(→この層には、特にオススメ)
  • 今、認知症介護をしているご家族の皆さま
  • 認知症に対するネガティブイメージを一掃したい方
  • 認知症介護に行き詰まりを感じている方
  • ご自身が認知症予防を実行している方

ということで、これから認知症介護が始まるかもしれない人に会ったら、まずこの本を紹介しようと思います。もちろん自分の本も紹介したいのですが、やはりカラーやアニメ、写真の分かりやすさにはかないません。

読後感が温かく、そして認知症に対するイメージを変えてくれるような本だと思います。わたしもそういうことをいっぱい書いてますが、文字だけで伝える限界をこの本を読んで感じました。

最初のページに書いてある内容を、一部引用します。

認知症がこわくなくなる、などとは言いません。
できることならなりたくない、
と思う気持ちはみんな同じ。
けれども、認知症になってからも、
人生は悪くない、そう思える瞬間が必ずある。

本当にそう思える瞬間があるんです、皆さんも感じているとおり。

多くて年2回しか会わなかった母と、1年の約3分の1を共に生活することになったのも認知症のおかげです。母の愛情をここまで感じることができたのも、認知症のおかげです。わたしが天職を見つけることができたのも、認知症のおかげです。悪いことだけじゃない、いいことだって確実にある。

周りに認知症介護で疲れている方がいたら、この本をスッと差し出したら何かが変わるかもしれない・・それくらいの本だと思います。わたしは杉山孝博先生の本に救われたのですが、この本で救われる方も多そうです。

唯一気になるとしたら、お薬でアリセプトがやたら出てくるところでしょうか。量を調整しているとあるので大丈夫だと思うのですが、わたしの周りで使っている人がかなり少ないので、そう感じました。

平木康子さんが編集して、佐野由佳さんが取材と文を担当されたこの本、本当にすばらしいです。皆さんもぜひ、読んでみてください!お値段は、833円(税別)です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)