介護家族が「そのままでいい」と言ってしまえば、医師も介護職も踏み込めない

先月、認知症のイベントに参加していて思ったことが、ひとつあります。それは、医師や介護職がこんな風に思っていても、どうにもならないことがあるということです。

医師
うちの病院に来てもらえれば、もっと認知症の症状を緩和できるのに・・・
介護職
お薬を変えたら、もっといい状態になると思うのに・・・

わたしも介護仲間と話していると、同じような思いになることがよくあります。

くどひろ
お薬変えたら、病院変えたらもっとよくなるはず

介護家族の言い分

こんな風に言われても、介護家族はこのように考えます。

  • 今の医師とはうまくやっているので、今さら信頼関係を崩したくない
  • 新しい病院に行くのが面倒くさい
  • 介護施設が変わってしまうと、認知症ご本人が対応できない可能性もある

認知症ご本人は自分で判断できないことが多いと思うので、結局は主介護者がどうしたいかにすべてかかっています。どんなに周りからみてもっといい方法があったとしても、上記のように思っていてはいい選択はできません。ただ、変更するときは労力が要ります。次の会社に転職するみたいな労力です。

だから、家族の言い分も分からないでもないです。主介護者がご高齢だったりすると、今の治療や介護を積極的に変えようと思わなくなる可能性もあります。

頑固者は介護者?

認知症に関して言うと、新しい認知症ケアであったり、新薬の開発であったりと、日進月歩の世界です。もしよりいい方法が見つかればそちらに乗り換えた方が「本当は」いいわけで、できるだけコンフォートゾーン(介護者自身が快適だと思う場所)に居ようと思わないほうがいいです。

家族よりも第三者のほうが冷静に見ている可能性があるので、何かアドバイスをもらえる機会があったら、積極的に受け入れたほうがいいと思います。せっかくそこまで考えてくださっているのですから、あとは受け入れる姿勢が大切かと思います。認知症の人が頑固で困るという介護者は多いのですが、実は介護者自身が頑固だったりすることもあります。

飽くなき探求心を持つ介護者は多いのですが、介護期間が延びてくるとなんとなく探求心も低下してしまうような・・いい意味でも悪い意味でも「妥協」が生まれてくる気がしています。

イベントの時は、介護家族にわたしの本を読んでもらうというオチになりました・・・結局、人に何を言われようが、介護者自身のスイッチが入らないとダメだということです。

いくつになっても、変化を恐れず積極的に受け入れる人でありたいですね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)