砂川啓介さん死去に思う認知症介護における「先には死ねない」という気持ち

認知症 先には死ねない

認知症の大山のぶ代さんをひとり残して、亡くなられた砂川啓介さん・・・こういった報道がほとんどだったように思います。昨年、がんと闘病中に砂川さんの講演を聴く機会がありました。今となっては、貴重だったなぁ・・・そう思います。

報道を見ていて、気になった言葉がひとつありました。それは「妻より先には死ねない」と砂川さんが言ったということです。

「先には死ねない」と言う男性が多くなる構造

「先には死ねない」と言って亡くなる「男性の」認知症介護者はどんどん増えていくんだろうなとまず思いました。

男性の平均寿命は80.75歳。女性の平均寿命は86.99歳(2017年3月発表)です。女性の方が長生きします。そして、認知症になりやすいのは女性です。

夫婦で考えるならば、夫が妻の認知症介護をするのだけど、妻よりも早く死んでしまいます。「先には死ねない」という妻への想いがたとえあったとしても、データ上は認知症の妻を残して、夫が旅立つ可能性の方が高いです。

これをカバーできるのは、夫と妻の年齢差です。男性が30歳で、女性が37歳という、7つ上の奥さんをもらったとします。そのまま夫婦仲良く暮らして50年。夫80歳でギリギリ存命、妻は87歳で死亡・・・夫側の「先には死ねない」が実現しました。(平均寿命どおりの場合)

厚生労働省が調査している人口動態調査(2015年)の夫婦の年齢差を調べると、このような結果になっています。

夫と妻が同年齢・・・21%
妻が年上 ・・・24%(そのうち4歳差以上は6.5%)
夫が年上  ・・・55.0%

単なる確率論でしかないのですが、女性が長生きして、認知症になりやすい・・・そして男性は早死にする。タメ同士の夫婦や夫が年上の夫婦が圧倒的に多いので、この「先には死ねない」という言葉は今後しょっちゅう見かけることになると思います。

すごくよく分かる「先には死ねない」という気持ち

わたしも認知症の母を残して「先には死ねない」と思っています。ブログ読者の皆さまも、認知症のご家族や親族より先に死ねないと思って、介護されていることと思います。

だから、砂川さんの気持ちはすごくよく分かります。わたしはまだ45歳ですし、母は74歳なので普通に行けば、わたしが看取ることになります。でも、何があるかは分かりませんよね・・・

大山さんが砂川さんの死を「うまく」忘れてくれて、楽しかった思い出のまま施設で暮らしてもらえれば、いいなあと思います。認知症という病気が、悲しみにふける時間を短縮してくれたのかもしれません。なんとなくそう感じた記事を引用します。

大山さんが、亡くなった砂川さんの姿を見たのは数日後、葬儀所だった。棺の中を見て、「お父さん……」と言い、涙をこぼした。すぐに棺から離れ、出口の方へ歩き出し、マネジャーが「帰るの?」と問うと、「帰る」と言い、その場を去った。
引用元:https://dot.asahi.com/dot/2017071900125.html

認知症の母は、祖母が亡くなった時全く泣いてなかったです。もし認知症でなかったら、泣いたのかな・・・いや、親子ケンカの絶えない2人だったから、泣かなかったのかも。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)