認知症の人に「わたし、いくつ?」と何回も聞かれたときの変わった対処法

認知症 年齢 何回も 対応

もうすぐ母の誕生日ですが、わたしは帰京するため一緒にお祝いをすることができません。

そんな時は、わたしが盛岡滞在している最終日に誕生日パーティを毎年行っております。今年の誕生日パーティは、しゃぶしゃぶ&ケーキです。実家に母を置いて、在宅療養中の父のマンションへほぼ毎日通っているのですが、父の家に行く「理由」が必要です。それで、こうしました。

くどひろ
緊急棚卸があってさ、しばらく毎日出勤しないとだめになった!

介護離職する前のお店が、「本当に」盛岡にもあるので嘘をつきやすい環境です。こう言ってホワイトボードに、今日の予定を書いて外出し、しゃぶしゃぶのお肉を買って帰ってきました。そしたら、こうなってました。その時のつぶやきが、こちら!

ということで、やむなく誕生日パーティは中止に。翌日と翌々日に分けて、改めて行うことにしました。 なぜ2日に分けたかというと、しゃぶしゃぶ食べたあとのバースデーケーキは年齢的にもつらい・・しょうもない理由で、初日夜にしゃぶしゃぶ、翌日昼にケーキということにしました。

なぜ誕生日パーティを毎年やっているのか?

認知症になる前、母の誕生日パーティはやっていませんでした。仲のいい母娘なら毎年誕生日パーティをするのかもしれませんが、わたしは息子。どうも照れくさくて、どちらかというと苦手です。

ではなぜ誕生日パーティをやっているかというと、このブログでたびたび登場するあのワード「認知症の母の薄れゆく記憶に、くさびを打ち込むため」これです。あと、母は季節感がちょっとずれています。8月が誕生日の母なので、誕生日パーティをやれば、季節感を少し理解するかも・・・そう思って、毎年やっています。

今年はある工夫をバースデーケーキにしてみた!

一度やって大失敗したのは、割と大きいホールケーキを買ったことです。2人でペロリと食べたのはいいのですが、翌日から胃もたれが・・・。もうひとつの失敗が、「ケーキのろうそく」です。今度74歳になる母のろうそくの立て方は、長いろうそくを7本、短いろうそくを4本で74歳という一般的な方法で今まではやってきました。意味は分かってもらえるのですが、記憶にくさびを打ち込むことができませんでした。

この2つの失敗から、今年は改善を試みました。ひとつは年甲斐もなくホールケーキなんぞ、買わない!お前ら親子はショートケーキで十分だ!ということで、ショートケーキを2個買いました。そしてろうそく・・・こちらも認知症の母には分かりづらいということで、こうしました!

はい、これで74歳って一発で分かります!

でもって、ショートケーキなので胃もたれもしません・・完璧すぎる!でも、この「数字ろうそく(ナンバーキャンドル)」1本108円もするので、2本買ったらシュークリームを買えました・・まぁ、それはいいか。それで母に質問しました。

くどひろ
今度、何歳になるか分かる?
74歳!
くどひろ
正解!

アホか!って思うかもしれませんが、いつもの誕生日だと「あれ、ところでわたしは何歳になったのかしら?」というところから始まるので、あの会話のラリーが省略できただけで素晴らしいです。

ろうそくを消し終わったあと、母はテーブルにろうそくを並べたのですが、そしたら「47」と逆に並べてしまって・・・そこでもう1回質問したら、「わたし47歳だっけ?」とかいうので、それはむしろ俺の年齢に近いわ!という、意味不明なラリーも1回ありました。

ナンバーキャンドルに思わぬメリットが!

一通り、小パーティが終わったところで、母がゴソゴソと何やら始めました。居間にある飾り棚を見てみると、このようになっていました。

母、キャンドル、飾っとる!

これで助かったのが、わたしです。うちって、母から年齢を何回も聞かれます。しかも1年中で、凄まじい回数です。これから母に年齢を聞かれたら、こうします。

ひろ、わたしは何歳になるの?
くどひろ
あれ!ほら!飾り棚の下の数字見て!
74なのね、もうあの世行きだわ~

すでに、この会話のラリーを数回やりました。デジタル電波時計、スマカメに次ぐ、わたしの認知症グッズのヒット作生まれました(笑)誕生日のろうそくは「数字ろうそく(ナンバーキャンドル)」。

正直、年齢は覚えられないと思いますが、何度も繰り返される母の「年齢」の質問には、これで対処できそうです。まさか、こんなメリットがあったとは!何度も年齢を聞かれて疲れている介護者の方、いかがですか?

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)