認知症の 「我が家流」 リハビリテーション・レクリエーションってなに?

アルツハイマー型認知症の母(70歳)は、とにかく 「デイサービス」 に行きたかりません。

理由は亡くなった祖母が、「デイサービス」 を拒否する姿を見ているからです。何回か?「デイサービス」 を薦めたのですが、どうしてもイヤというので、今はムリに行かせないようにしてます。ストレスで認知症が進行してしまうのも、いやなので・・・・

ただ、「デイサービス」 で行われている 「認知症」 のレクリエーション、リハビリテーション というのは、意味あってやっていることなので、その要素を 「我が家流」 にアレンジして、取り組むことにしました。

「デイサービス」 で行われる 「回想法」 「音楽療法」

わたしも以前、デイサービス見学に行って、「音楽療法」 を体感しました。昔懐かしい歌謡曲、童謡をみなさんで歌ってました。当時はそれがどういう意味か分からず、

「DAMってビックエコー以外でも、普及しているんだなぁ~」

そこばっかり気になって、「音楽療法」 だったというのは、ずっとあとに知りました。「回想法」は昔の思い出を自由に話してもらうんですが、これはいつもやってます・・・・もーいいよ!ってくらい、聞かされてます(笑)

なので、「我が家流」 の 「回想法」 は、9回も引越し経験のある母を、当時住んでいた地に連れて行って、その当時の話を聞くというのをやってます。マシンガントークになるので、いつもびっくりします。しかも、記憶の定着が、他の出来事と比較しても格段にいいんです。

何回も来ているヘルパーさんの名前や顔は覚えてないのに、住んでいたところへ行ったことだけは覚えているんですよね・・・恐るべし、「回想法」。そして、「我が家流」 の 「音楽療法」は、あることがきっかけで始まりました。

エンディングノートを書いてもらったら・・・

現在、エンディングノートを作成中ですが、母はこう書きました。

もしもの時に

介護時にずっと手元に置いておきたい大切なもの → 舟木一夫のCD
棺に入れてほしいもの → 舟木一夫のCD、写真集

えっ?舟木一夫が好きなのは知ってたけど、棺にまで入れたいの? びっくりなエンディングノートの内容でした。認知症になる前は確かに、舟木一夫の曲を聴きまくってました。CDも何枚も持っていて、それをウォークマンにいれてコンパクトにしました。しかし、ないんです・・・そのウォークマンが。

わたし: 「そういえばウォークマンって、どこいったの?」
母:    「故障か、電池が切れたかも」

出た!得意の創作話。そう簡単に故障しないし、電池は充電タイプだし・・・また、どっかになくしてしまったようです。

認知症を発症してからは、舟木一夫を全然聞いてないので、エンディングノートに書いてあった 「舟木一夫写真集」 をamazonでまず購入。舟木一夫のCDはTSUTAYAでレンタルして、CD-Rにコピーしました。

そしてウォークマンは・・・

昔の人なので、CDラジカセにしました。厳密に言うと、CDラジオでカセットは使えません。コンパクトですが、程よい大きさでウォークマンほど小さくないので、これなら失くさないでしょう。こちらもamazonが活躍してます、地方都市在住にはありがたいです。

百ます計算とか、ココナッツオイルとか、認知症に効くと言われれば、なんでも試してますが、たぶんこの 「舟木一夫の音楽療法」 は絶大な効果を示すのでは?と期待しています。

2013年はいろいろあったので、XMASプレゼントとして母に渡します。母はひとり寂しく、年を越すことになりますが、”一夫” がなんとかしてくれるでしょう、きっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか