認知症の人が最期まで衰えない「能力」とは?

2013年最後の記事は、「認知症」 のお話です。

年末ということで、今まで勉強してきた認知症の本や録画していたテレビなどを見直していたのですが、2013年最後にふさわしいネタをまだ記事にしていないことに気づきました。

こんな研究結果が、あるそうです。

「去年発表された研究で、意外な事実が判明しました。進行したアルツハイマー病の患者さんに、「笑顔」「泣き顔」「驚いた顔」など様々な表情の写真を見せて、「この人はどんな気持ちか?」と聞いたんです。すると 「驚いた顔」 「怒った顔」 はあまり認識できませんでしたが、「笑顔」 は大部分の人が認識できました!

「認知症になると、他人の表情から気持ちを読み取る能力が低下してしまいます。しかし笑顔、つまり「相手が幸せか、幸せでないか」を読み取る能力は最後まで衰えないことがわかってきました。介護する人が疲れたり、精神的に追い詰められたりして笑顔になれなくなってしまうと、介護される人もそれを感じて不安になってしまうことが考えられます。

これはNHKためしてガッテンで2010年9月に放送されたものですが、この話はわたしも実体験としてあります。

訪問看護師さんの笑顔を忘れない

認知症の母(70歳)がお世話になっている病院から2週間に1回、看護師さんが家に来ます。ヘルパーさんは週2回来ます。みなさんとても素晴らしい方々なのですが、ひとつ不思議なことがあります。

「週2回くるヘルパーさんとの会話は忘れるのに、看護師さんとの事は覚えている」

最初は、

「なぜ会う頻度が多いヘルパーさんの事は忘れ、たまに会う人のことを覚えているのか?」

と不思議だったんですが、改めてためしてガッテンの内容を見て、納得。看護師さんはいつも 「笑顔」 なんですよね。 ヘルパーさんももちろん 「笑顔」 なんですが、看護師さんはもっと 「笑顔」。母はこういいます。「看護師さん、自然な笑顔なんだよね~」

「笑顔」 の違いを判別できるんでしょうか??亡くなった認知症の祖母は やや高度 な認知症だったのですが、それでもわたしの 「笑顔」 は理解していました。確かに最期まで、「笑顔」 を理解していました。

わたしの場合は生まれつき 「笑顔」 でして、結構得してます。なんかいつも笑ってるよね? とよく言われます。そんなつもりはないんですが、認知症の介護にもプラスに働きそうです。

介護で疲れてしまった方!認知症の人は、「あなたの介護疲れ」 見抜いてます。

元記事: 認知症!介護の新技で症状が劇的に改善する (ためしてガッテン)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか