【認知症の歯医者通院】3つの問題点を解決する!


母の差し歯が取れた!

ただそれだけの話なんですが、「認知症」 が絡むと、こうも面倒なのか・・・という話です。

1.病院に行こうとしない

「認知症」では、定番の課題ですね。

「認知症の病院に行きたがらないんですが、どうしたらいいですか?」

この問題にぶつかる人は、日本で何十万といます。うちはここはクリアしたんですが、歯医者がクリアできません。理由は簡単で、

「車のリース期間が終わり返却したので、連れて行く足がない」

ためです。今までは車にさえ乗せてしまえば、こちらのもの。だまして病院に連れて行ったのですが、それができません。ひとりで行くかといえば、行きません。冬場で歩くのが困難というのと、病院がいやなのです。3日前にあるものをなくしました。

母: 「わたしの差し歯、どこにいったか知らない?」

わたし: 「この前は、この容器に入ってたけどないね。」

母: 「差し歯をいつも、瞬間接着剤で自分でつけてたんだけどな~」

わたし: 「え゛・・・・、まじで?」

このやりとりを3日間何回も繰り返したんですが、妹に聞くと1ヶ月前から騒いでいたようです。仏のような対応を、日頃心がけているわたし(笑)ですが、たまにはイライラします。でつい、キレ気味に、

わたし: 「どうせ自分で行かないんだから、ヘルパーさんにお願いするわ!」

母: 「歯医者ぐらい、自分で行ける!」

言ってしまったあと後悔するんですよね・・・・でも行くっていって行かないし、自分でできるわけがないし・・・・ウジウジと何度も言ってくるので、腹立つんですよね・・・

2.歯医者の予約を理解できない

差し歯が取れると、型を取りなおしたり、調整などして1ヶ月近くかかります。だいたい1週間おきに予約になるんですが、「認知症」 だと100%、次の予約をすっぽかします。

しかも、遠距離介護でひとり暮らし。わたしが不在の時は、やはり誰かが予約を教えてあげないと、絶対にすっぽかします。こんなところでつまずくとは、思ってもいませんでした。

3.訪問歯科という選択肢

訪問歯科や移動歯科というものがあり、これを利用しようと考えました。すると母が、

「訪問にするぐらいなら、自分で行く」

と。自分で行くわけがないんですが、家の前に訪問歯科の車が止まって、ご近所に見られるのがいやなんです。うちの母の認知症症状の特徴は、とにかく

「ご近所が気になって気になって、しょうがない」

被害妄想なんかも、だいたいご近所ネタばかりです。ほとんど交流もないのに、いろいろ妄想するので困ってます。ということで、グッドアイディアだと思ったこの案はボツです。

「歯はどうしても気になるので、認知症と言えど忘れない」

これが根本にありますね。起きた瞬間から気になるので、必ず歯の話題になり、毎日毎日聞いている方もいいかげん疲れるっていうパターンです。治療する以外に、この悪のループから脱出する方法はないです。

結果どうするかというと・・・

明日、ケアマネージャーさんに相談しようと思いますが、今考えているのは、

「ヘルパーさんに付き添ってもらって、病院まで行く」

というのを、ケアプランに組み込むという方法です。歯医者もそうなんですが、認知症外来のほうも遠距離介護なので、わたしが不在な事もあるんです。そのためにケアプランにまずは組み込まないと、ヘルパーさんにもお願いできないんで、そうしようかと思います。

病院までの移動方法ですが、

「公共機関の交通を利用する」

ってのがあって、バスやタクシーを使って病院までいかないといけません。費用がかさむんですけどね・・・本当はヘルパーさんの車で・・・が理想ですが、そうはいかないんですよね。たまにしか乗らない車を購入して、実家に置いておくべきか・・・遠距離介護特有の悩みです。

「差し歯がとれた」

ただこれだけのことなんですが、「認知症」が絡むと、こんなにも面倒なことになるんだ・・・という話でした。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)