【危ない!】認知症の母の料理を食べる時の注意点

今日はうち特有のネタなので、認知症介護している方の役に立つ情報ではないんですが、どの家庭にも妙な習慣ってあるはずです。そんなお話です。

2013年は祖母と母、両方の介護で、地方都市と東京を約30往復しました。

「30往復もしたの?大変だったよねー」

と言われますが、すでにサラリーマンでないわたしなので、移動自体はそんなに大変ではありません。ただ、東京にいる方がやっぱりラクで、一番ホッとするのが、自宅でごはんを食べる時。認知症の母とごはんを食べる時は、いろいろと用心しないといけないんです。例えば、

1.みそ汁は 「何時のものか」 具を確認する

節約が美 と思っているのはいいんですが、にぼし出汁のみそ汁を1度作ったら2日、3日と飲み続けます。初日はおいしいんですが、2日目になるとにぼしの臭みが強烈になり、3日目はもうアウト!何度も3日目のみそ汁を飲んでは、

「ぎゃーーーー」

って言って、台所に走って吐き出すというのを繰り返しました。とにかく臭くて、口の中に魚臭さが充満します。

最近は母がトイレに行った隙に残ったみそ汁を捨てます、そうすると新しいみそ汁が飲めます。数日前にどんな具が入っているかを確認しておくと、何日前のみそ汁か判定できます。

この前出てきた4日前の豚汁と3日前のわかめのみそ汁のコンボは、死ぬかと思うぐらいまずかったです。名誉のために、うちの母は大変料理が上手でした。今でも料理はできます、味も大丈夫です。が、残り物を変に処分してしまいます。

2.パンを食べる時は、温かいかどうかを確認する

パンを冷蔵庫にいれておく習慣がある母。トースターはきらい!というこだわりを持っているので、電子レンジで温めるのですが、しょっちゅう温めるのを忘れます。冷蔵庫からすぐ出した食パンを、そのまま食べると、当たり前ですがつめたい!!

パンが出てきたらまず、パンに手をかざし温度チェックをする

これが朝の日課です。

3.牛乳は必ず温める

冷たい牛乳なんて飲めない! これもどうしてそう思っているのか分からないんですが、牛乳をお願いすると100%温かい牛乳が出てきます。わたしはホットミルクがあまり好きでない(胃がもたれる)ので、牛乳は自分で用意します。

ちなみに母はコーヒーが好きなんですが、コーヒーにはクリープでないとだめです。ブライトではだめです。

4.ご飯は1人暮らしでも、必ず3合炊く

1人暮らしなんだから、毎回1合だけ炊けばいいのに 

と当初は説得を試みてましたが、当然聞く耳を持ちません。だから3合を炊いたご飯を、2日間かけて食べる。パサパサでも消化します。

5.ガスの魚グリルは洗うのが大変なので、フライパンで魚を焼く

グリルを洗うのは大変ってのは、わたしも分かるのでフライパンで魚を焼いてもいいんですが、中が生焼け・・・ってことがしゅっちゅう。魚焼きシートを導入したんですが、認知症の母は覚えられず。魚が生焼けの状態で口に入れると、なんていうんでしょう・・・

「あ゛ーーーーー」

ってなるんですよね。くっさいんですが、母は平気なようです。

最初の頃はこういった習慣を直してもらおう・・・ そう思っていたんですが、相手は認知症。そんなことをしても意味がないので、わたしがその生活習慣に合わせるようにしています。

東京に戻ってきて家でごはんを食べると、自分にいかにストレスがかかっているか分かるんです。

「あぁ~、なんの用心もなくご飯を口に運べるぅーーーー」

という、普通の事がとても幸せに感じる。認知症の人に生活パターンを合わせるというのも、大変ですよね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)