【認知症と料理と火の問題】 「IH」 か 「ガスコンロ」 の結論でました!

認知症の母(70歳)は料理が大好きなんですが、火をつけっぱなしで他のところへ行ったり、吹きこぼしたりということが多発中。ひとり暮らしで遠距離介護ですから、火事が本当に心配です。現在使っているガスコンロがこちら。

gus

SIセンサーという温度を管理するバーナーが白矢印の1か所しかついておらず、他の2か所は吹きこぼしまくり状態でした。焦げた鍋は増えていくし、いつか火事になる心配もあります。IHクッキングヒーター? ガスコンロ? といろいろ考えながら、4か月。我が家は、こういう結論に達しました!

「認知症で必ず薦められるIHクッキングヒーターではなく、あえてガスコンロ」

認知症の診療をしてもらっているお医者さんにも、近所の薬局のおばさんにも、

「火の元危ないから、IHクッキングヒーターにしたほうがいい」

とアドバイスをもらったにも関わらずです。これには理由があります。

長年慣れ親しんだ 「ガスコンロ」 のほうが忘れない

ここ8年間、母はリンナイの 「ガスコンロ」 を使っていました。鍋やフライパンも長年使ってきたものです。IHに変えたことで、操作自体変わるし、鍋やフライパンの変更も必要です。できるだけ「今の環境に近い」 ことを目指した結果、IHではなくガスコンロを選択しました。

ガスコンロの下には電子レンジ(オーブン)がついているんですが、ビルドインタイプのため、IHクッキングヒーターにすると電子レンジも変えないといけません。電子レンジを替えたくないというのも、理由のひとつです。

IHクッキングヒーターの使い方が分かるかどうか

これは実際に触ってもらっていないのでわからないんですが、新しくした超シンプル・ガスコンロですら、操作でとまどってます。その超シンプル・ガスコンロ(リンナイのセイフル)が、こちら↓

20140127_144322

バーナーも1個減り2個で、以前のタイプをそのまま踏襲したモデルなのにとまどってます。いずれ慣れるとは思いますが、IHならもっと混乱していたことでしょう。今は軽度の認知症でも、進行してIHの操作が分からなくなるというのも、実は怖いです。

<リンナイのガスコンロ・セイフルの安全機能>
・震度4以上の揺れを感知すると、自動消火する
・すべてのバーナーに、”温度センサー” を搭載
・煮こぼれで火が消えても、ガスが自動で止まる
・鍋を置かないと、点火できない

という安全装置が網羅されているので、おそらく火事の心配もなくなると思います。

料理をしなくなる恐れ

以前も書きましたが、この3番目が一番の理由です。

「IHの操作方法をマスターできず、料理をだんだんしなくなり、認知症が進行していく」

という方がいるそうです。かなりレアケースで、ネットの体験談でも数えるほどです。わたしもその一人に加わったんですが、もうひとつ影響していることがあります。亡くなった認知症の祖母は、

「大腿骨骨折からリハビリを理解できず、寝たきりになって亡くなった」

例としては違うのですが、ちょっとしたきっかけが思わぬ方向に進むことってあります。IHがトリガーになって、認知症が進行されては困るのです。火事というリスクをガスコンロで回避できるならば、IHという大きな変更をする必要はないんじゃないかという判断です。

最初は 「認知症 = IH」 という一般的な判断で、カタログや見積をとりましたが、母はピック病の疑いもあります。ピック病は変化に弱いという事もあり、その点も決め手になったことを付け加えます。

うちの母にとって、「料理は生命線」 です。4か月悩んだあげく、IHではなくこちらのガスコンロでいくことに決めました。

ブログ読者の方のコメントも参考にさせて頂きました、いろいろとありがとうございました!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 認知症の進行程度にも寄りますね。
    うちはかなり初期でしたのですぐにIHに代えて覚えられました。
    最初は電源のスイッチを入れずにONだけ押して「着かない」と電話かかってきたりしましたが。
    料理得意でしたが忘れる不安で茹で野菜もしなくなり、お湯もポットでしか沸かさなくなっていましたが、IHに代えて茹で野菜や肉を焼くなど、単純な料理はするようになり、元々大好評だった牛肉のタタキはたくさん作って近所や近くの親戚にあげて喜ばれています♪

  • すみこさま

    おっしゃるとおり進行程度や、個人差はあると思います。

    選択肢はIH一択ではないということを言いたかったので、介護者はいろんな選択肢から選ぶべきかなと今でも思います。タタキの話、ステキですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)