【認知症・もの忘れ防止に】我が家の「ホワイトボード」活用術

ホワイトボード

ニトリで買った500円のホワイトボードを1年間使い倒し、先日壊れて役目を終えました。今日は認知症の母と介護者であるわたしとのコミニケーションツール、ホワイトボードの活用術をご紹介します。

冷蔵庫にマグネットで貼っていた、ニトリのホワイトボード↓
ホワイトボード

母の当日の予定を書く

・8:30 ヘルパーさんゴミ捨て
・11:00 ヘルパーさん買い物

ベタですが、ホワイトボードに予定を書きます。その時間が来るまで何回も質問してくる母なので、一度書いておくと何度も回答する必要がありません。ホワイトボードを指差しすれば、回答になります。

小さいお子さんがいる家庭で使うコミニケーション手段に似てますね、冷蔵庫のホワイトボードに予定を書いておく というあれと同じです。

わたしの予定を書く

わたしが外出する時は、

昼 いらない   
(昼ごはんは作らなくていいよ という意味)
夕 家に戻ってくる
(東京に帰るんじゃないよ、家に戻ってくるよ という意味)

と書きます。一時的に外出して、家に帰ってくると、

母: 「あら、東京に帰ったかと思った」

といつも言います。ホワイトボードを指差すと、

母: 「あー、そうだったわねー」

いつもこうです。あとは自分が理解したつもりで、予定をどんどん消していきます。ホワイトボードの意味を成さなくなってきているので、文字が書いてあるマグネットにすれば、消されないかなぁ~ と次なる対策を検討中です。

献立を書く

・肉じゃが
・ほうれんそうのおひたし
・なめこ汁

ホワイトボードに献立を書けば、この通り作ってくれます。料理の腕がすごかった母ですが、今は全盛期の70%くらいです。もし書かないとどうなるかというと、

・3日連続、同じものが出てくる
・冷蔵庫の中の残り物(いつのか分からない)が出てくる
・残り物をアレンジしたものが出てくる

最近分かってきたのは、

母:「わたしは残り物を、きれいに整理するのが得意なのよ」

これを額面通りに受け止めてきましたが、「取り繕い」 だなと。前は自ら献立を考えて、何を買うか材料を決めて買い物ができました。最近は何を買うか考えるのが大変になってきているので、こういっておけば取り繕えるんだなと。

必要としているものを書く

・たわし

東京から実家に帰ると、まずホワイトボードを見ます。ホワイトボードに書かれている常連組に、”たわし” があります。たわしは購入して定位置に置いているんですが、なぜか たわし とよく書いてます。

この必要としているものから、ひとりで生活している間に何があったかを想定します。

・おかし

おかしは通常いらないから、誰かが珍しく訪問して、そのお返しにお菓子が必要なんだろうなぁ~と。で聞いてみると、

母: 「親戚のAちゃんが、来てさ~」

母はそういうんですが、本当に来たかどうかは不明です。でも調査方法が今のところないので、そのまま放置しています。

わたし: 「あぁーAちゃん、来てくれたんだね~(内心疑いながら)」

以前はドアホンの録画機能付きを買おう、電話も自動録音機能付きを買おう と思っていたんですが、ガスレンジのわずかな違いに対応できない事が分かってからは、あまり変えない方が得策ということで、

「知りすぎる必要もないな、何か問題が起きてから詮索しよう」

そう決めました。たかだか500円のホワイトボードですが、1年間大活躍してくれました。どこに設置するかがかなり重要で、うちは冷蔵庫でないと意味を成しません。一番見るところに設置しないと、見てもくれません。
 
認知症グッズの中で、最もコストパフォーマンスがいいです。Amazonで最も売れているホワイトボードをご紹介して終わります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)