認知症の母、「自身の認知症介護」 について語り出す

認知症の母(70歳)が、亡くなって半年が経つ自身の母(享年90歳)の事を、最近やたらと振り返ります。

母:「なんか母さんのこと、最近になって急に思い出すようになったわ~」

わたし:「あ、そう」

亡くなった祖母は、やや高度の認知症でした。徘徊もしましたし、おむつをとって便いじりをしたり・・・至って元気だった祖母に比べ、手足が不自由な母は本当に手を焼きました。祖母が徘徊しても、母は手足が不自由なのでついていけません。

また認知症介護の知識もないので、祖母に対して母は厳しく接していました。(もともとケンカばかりな親子でしたが)

その後、母も認知症になり、わたしへと認知症介護がバトンタッチされたわけですが、なぜに今頃になってやたらと振り返るのか?と。その理由は、家の庭にありました。

母:「見てほら、久しぶりに花が咲くようになったよ~」

827d19370decea83764c6987f7d04708_s

わたし:「そうだね~」

祖母は庭いじりが好きでした。認知症だったので、庭の木の枝という枝を切りまくり、木の幹のみという状態までになりました。それを注意していた母ですが、全然聞く耳をもたない祖母。

母:「ホント、何言っても母さんはわたしの言う事聞かなかったのよね~」

わたし: 「そうなんだ~」

母:「切っちゃダメ!って言っても、勝手に切っちゃうし・・・」

母:「何回も同じこと繰り返し言うしさ、あれには参ったよ~」

幹のみだったのが2年という時を経て枝も復活し、きれいな花を咲かせるまでになりました。認知症の母が、自身の認知症介護を振り返ってます。なんか面白いなぁって。

上記1セットの話を、1日に何回も聞かされるわたしですが、その都度 “心の中” ではこう思ってます。

わたし:「まったく同じこと、今やっちゃってんだけど・・・」

厳密に言うと枝を切りまくってはいないんですが、人の話を聞かないところ、庭いじりが好きなところは祖母と同じです。似てきてます・・・かなり。当たり前ですが本人に面と向かっては言えない、かといって心の中でキープし続けるのもいやなので、ブログで吐き出しております・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

1 個のコメント

  • この構造、なんとかならないのかなあ。間違いは間違いと指摘してはいけないのかなあ。わかるわからないの問題ではないと思うんですが・・・。Qちゃん 102歳 おでかけですよー 見てね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)