【認知症】たまにしか会わない家族には 「異常」 が見えない

 

ここ最近のどの認知症番組の内容よりも印象に残ったのが、NHKスペシャル 「認知症行方不明1万人」 を見たあとにツイートされた きるるさん のこの言葉です。

認知症の介護をしたことのない出ていった父や、その親族から見ると

「そんなに何度も新幹線で帰省しなくてもいいんじゃないの?」
「そこまで一緒に生活しなくても、ひとりでなんとかやっていけるでしょ」

となるわけですが、このツイートがこの2つの問いの回答になっています。たまにしか会わない家族は 「異常」 が見えません。 一緒に生活してこそ分かることって、たくさんあります。

わたしの場合は、祖母の介護がきっかけで現在の体制(1か月のうち、約半分は一緒に過ごす)になっていますが、祖母が亡くなった今、一緒にいる時間を減らそう(ひとりで過ごす時間を増やそう)と数か月実験してきました。

ところが、「おやっ?」 という出来事に遭遇します。

「この妄想は、何がきっかけなんだ?」
「なんで、服薬管理が急にできなくなったんだ?」

月1回の通院にしても、一緒に生活をして起きた出来事を先生にお話しないといけないので、たまにというわけにもいきません。おそらく遠距離介護をされている多くの方は、週末のみとか月1回とかだと思うのですが、そのレベルだと変化に気づけないんです。

それだけ症状がまだ軽いという事でもあるんですが、結局は通う回数を祖母が生きている時と同じレベルの “隔週” (1週間は実家で過ごし、1週間は東京に戻ってくる)に戻します。

「この話、昨日も聞いたなぁ~」

ってことはいつものことなのですが、

「あれ?今日で2日目だぞ」 「ん?今日で5日連続、この話聞かされてるんだけど・・・」

ある程度一緒に生活してこそ、気づくことです。週末だけでは、判断ができません。今は軽度の認知症ですが、これが中等度になった時が本当の進行だと考えています。では、どこで進行を判断するかというと 「衣服」 です。

つりあいのとれない組み合わせの衣服を着始めた時、「進行したな」 って判断します。認知症の進行については、このブログの人気記事でもある下記にも書いてあります。

  アルツハイマー型認知症の 「4つの進行レベル」 とは? アルツハイマー型認知症の 「4つの進行レベル」 とは?

中等度の症状としては、買い物が一人でできない、お風呂に入らないなどもあり、これはうちは該当してます。ただ手足が不自由な母なので、認知症というよりかは、こちらがメインの理由なので、まだ 「軽度」 の認知症なのかな?と思っています。

もうひとつは時間経過です。2年~3年で次のレベルに進むのが一般的と言われています。うちは2年はないだろうな・・と思っていますが、3年はあるかもしれません。そう考えると、残された時間は短いんですよね・・・

この先認知症は進行していきます。この 「軽度」 のうちにいろいろと手を打っておけば、進行は遅くなる! と思っているので、勝負をかけてあれやこれやと試しそれをブログにも書いているんですが、一方で思うのは、

「この先さらに拘束される時間が増えるならば、今は自分優先の生活に切り替えてもいいのでは?」

と。勝負をかけるか、自分優先の生活にするか・・・いつもこの両天秤で悩むのですが、結局は天秤が平行になるような介護を選択しています、バランスよくという意味です。この選択は正しいのだろうか・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)