我が家の「ワールドカップ」も始まります!

今日はワールドカップの初戦ですね~

コートジボワール戦は東京で観戦できますが、ギリシャ戦はやむを得ず母と観戦するか、それかこっそり別部屋で観戦します。

今年のソチオリンピックを母と観戦した時は、羽生くんが出てくるたびに同じ話をするので、ジャンプは4回転でも同じ話の繰り返しは40回転くらいしてました(笑)あの緊張感がまた、ワールドカップでやってきます。

  認知症の経過報告(44週間目)・我が家のソチオリンピックは4回転どころではない! 認知症の経過報告(44週間目)・我が家のソチオリンピックは4回転どころではない!

ちなみにどういうお話になるかというと、

母:「サッカーって、誰でもゴールできる簡単なスポーツよね」

わたし:「え?なんで?」

母:「だって、あんな広いゴールに決めるなんて、誰だってできるでしょ」

わたし:「いやいや、簡単じゃないんだって」 (つい認知症の模範対応を忘れ、反論する)

母:「あんな広いところでやって、あれしか人がいなかったら、蹴れば入るでしょ」

わたし:「じゃぁなんで90分戦って、1-0とかになるわけ?」

母:「あら、そーよねー」

わたし:「バスケットなら88-79というスコアでしょ、何点も入るのはバスケでしょ」

母:「確かに言われるとそうだ」

ここまでが1セットで、珍しく納得して会話は終わります。今まで何十回この会話をしたか忘れました(笑)ワールドカップ期間中はとにかくどのチャンネルでも、サッカーを扱う事は間違いないので、またソチオリンピックの恐怖を味わうことになります。テレビにサッカーの場面が映ると、反射的にこの会話が始まります。

頑張れ、ニッポン! がんばれ、自分!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)