【メディア掲載】本日発売の「週刊朝日」で「孫介護」取り上げて頂きました!

本日発売の週刊朝日2014年7月4日増大号 「孫たちの祖父母介護」 で、わたし自身の話を取り上げて頂きました!

008

ライターの方からメールを頂きまして、銀座のカフェで2時間ほどお話させて頂きました。

「孫介護」 というキーワードは、メディアでも扱われることはほとんどありません。ただ、ヤングケアラーと呼ばれる10代などの若い介護者に関しては、先日放送されたNHKクローズアップ現代 「介護で閉ざされる未来~若者たちをどう支える」 でも話題となりました。

わたしの場合は祖母と50歳差だったんですが、もしうちの母のように70歳で要介護状態になっていたら、わたしは20歳で介護し始めないといけなかったわけで、今回の特集で取り扱われている6名のみなさんは、34歳・26歳・39歳・36歳 とみなさんお若い介護者です。

残り2名は、わたしと俳優・松村雄基さん。

大映ドラマ、ドストライク世代な私は、

「しょうこ~」(不良少女と呼ばれて) 「先生よ~」(スクール・ウォーズ)

って叫びたくなるわけですが、20年も孫介護なさってたんですよね・・・あの大映テレビ出演でお忙しい時期に・・・トランペット吹いてたやつもありましたよね、なんだったかな?あのドラマ。

自分が若いとは決して思いませんが、認知症イベントに参加している方の中では、かなり若い方だなって思います。周りの友人も将来的な介護リスクは意識していても、実際に「介護話」をした事はほとんどありません。場の空気が重くなるのもいやなので、避けているところもあります。先日こんなツイートもしました。

10代から30代で介護に向き合う人のコミュニティ、「若者介護.net」 というのがあって同誌で紹介されているので、こちらでも紹介させて頂きます!

若者介護.net若者介護.net

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)