【介護漫画】「ヘルプマン(認知症編)」 を読むと、認知症の人の気持ちとシンクロする!

ヘルプマン

講談社発行の漫画雑誌 「イブニング」 (隔週火曜日発売)で、現在は週刊朝日で連載中の介護漫画が 「ヘルプマン」 です。

漫画喫茶に行った時だけイブニングを読んでいたのですが、どうしても 「ヘルプマン・認知症編」が読みたくて、ついAmazonで購入してしまいました。漫画喫茶にも置いてないし、書店にも在庫ないんですよね・・・

この 「ヘルプマン」、今まで扱ってきた介護の題材もかなりヘビーで、介護保険制度編、介護虐待編、高齢者性問題編、成年後見制度編など、幅広く介護の題材を取り扱ってます。「認知症編」の背表紙にどんな事が書いてあるかというと

前回の認知症編11巻を教材として使いました。学生の反響もいいですよ!
リアルすぎてあまり見たくないです。見ると認知症の事を考えすぎるから・・・

こちらが実際の背表紙の写真。読者の声が載っています↓
002

ヘルプマン書評・感想

認知症編は2巻なので、かなり展開が早いです。この漫画を読んで一番感じたこと、それは 「まるで自分が認知症になったような錯覚に陥る」 ということです。認知症の人がどういう状態かを想像する事はよくしますが、やはり漫画の力はすごい!

「うちの母さんも、きっとこういう混乱状態で日々生活しているんだろうな・・・」

自分と漫画がシンクロしすぎて、少し怖いくらいでした。登場人物である蒲田さんは、現役時代バリバリのサラリーマン。年老いてからもその意識が消えません。昨年、認知症映画 「しわ」 を見たのですが、男性が昔の栄光を振り返るところは似ています。

認知症に対する家族の戸惑い、介護施設へ入れるということ、認知症の周辺症状がとてもリアルに描かれています。認知症の知識本は何十冊も読んでますが、“自分へのインパクト” はこの本が1番ありました。

介護している人はもちろんのこと、読者の声に “教材として利用した” とあるように、介護したことがない人にも相当なインパクトを与える作品です。「ヘルプマン」の第一話が無料試し読みできます。どういうタッチで描かれているか、雰囲気をつかめます。

ヘルプマン無料試し読みはこちら

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)