【7つの習慣】 「とにかく時間がない!」 という介護者が考えなければならないたった1つのこと

「時間管理のマトリックス」 って、ご存知ですか?

伝説の自己啓発本で、世界的名著 「7つの習慣」 の中に出てくるものです。これを “強引に” ?「介護者」 に当てはめてみたのが、今回のおはなしです。(そんな事する人、まずいないと思う・・・)

一般的には忙しいサラリーマンが、自分の「目標」を実現するために何を優先すべきか? を考える時に使うものです。企業研修で使われるものですが、これを 介護の世界に持ちこんでみましたよ。

時間管理のマトリックス(本の中にあるもの)

緊急緊急でない
重要第Ⅰ領域

・危機や災害、事故、病気
・締め切り直前のタスク
・クレームへの対応
・直前に迫った会議の資料づくり
第Ⅱ領域

・人間関係づくり
・体力づくり
・スキルアップ(自分を磨くこと)
・準備や計画
・適度な息抜き
重要でない第Ⅲ領域

・無意味な電話やメールへの対応
・突然の来訪への対応
・多くの会議
・無意味な接待やつきあい
・多くの報告書
第Ⅳ領域

・暇つぶし
・長時間、必要以上の息抜き
・だらだらとした電話
・世間話
・その他、無意味な活動

「時間管理のマトリックス」 とは?

上記が一般的な 「時間管理のマトリックス」 です。第Ⅱ領域(重要だけど、緊急でない)を増やす事が大切と言っています。仕事や納期に追われてしまって緊急かつ重要な第Ⅰ領域だらけになってしまったり、それに疲れて第Ⅳ領域に逃げてしまう人がいます。

第Ⅲ領域のように無意味に他人に振り回されてしまって、時間を浪費するビジネスマンもいます。介護職に勤めている人も同様です。多くの人は、第Ⅰ、Ⅲ、Ⅳ領域に時間を費やしているのです。

「1日が25時間だとしたら、増えた1時間で何をしますか?」

こう質問するとほとんどの人が、「読書」 「運動」 「家族と過ごす」 と答えます。これってすべて第Ⅱ領域なんですよね。わたし自身この研修を何回も受けた経験があって、面白いくらいに第Ⅱ領域でみなさん回答するんですよ。(寝るって人も多いですけど、これはダメ)

第Ⅱ領域の時間を増やしたい!と誰もが思っているのに、実行に移すことができない・・・ということなんですが、これを 「介護者」 の場合で、考えてみるとこんな感じになります。

時間管理のマトリックス(介護者編)

緊急緊急でない
重要<第Ⅰ領域>

・薬を飲ませる
・介護施設からの連絡の対応
・近隣へのクレーム対応
・病気・怪我への対応
<第Ⅱ領域>

・エンディングノートの作成
・介護職員の方との関係づくり
・セカンドオピニオン探し
・介護者自身の健康管理
・ケアプランの見直し
・介護者自身が勉強する
・介護費用のシミュレーション
・親家片
重要でない<第Ⅲ領域>

・意味不明な呼び出し
・妄想に対する会話での対応
・何回も繰り返される質問への対応
<第Ⅳ領域>

・現実逃避
・暇つぶし
・長電話
・テレビを見続ける
・待ち時間

介護者の時間管理(タイムマネジメント)なんて、あってないようなもの

確かにそうです。介護される側の動きが予測できないのに、介護者側の時間管理なんてできるわけがない! そう言う方もいるでしょう。わたしが言いたいのは、「意識」の持ち方のことです。

少なくとも第Ⅲ領域、第Ⅳ領域に使っている時間を減らす事はできます。それらを第Ⅱ領域に費やすことで、”根本的な” 問題の解決につなげられることができます。

そこに意識を振り向けないと、ずっと流されっぱなしで介護ストレスはたまる一方です。徘徊する、暴力を振るわれる、妄想がひどい・・・・もーいやだ!と言って、その場その場で対応する毎日が続いていても、第Ⅱ領域の時間を作らないとスパイラルからは脱出できません。

「時間がない!」と考えている介護者の方は、この第Ⅱ領域の時間を作ることをぜひ考えてみてください!エンディングノートを作っておくと、何か起きた時に非常に役に立ちます。緊急ではないけど、重要なことです。

ご自身の健康管理ができていないと、介護される側も不幸です。ウォーキングでもいいし、ちょっとした運動することでリフレッシュできます。なんとなく決めてしまった病院や施設も、実はもっといいところがあるかもしれない・・・すべて緊急ではないけど、重要なんです。

介護者の各領域に当てはまる行動がありましたら、教えてくださいね。ひとりで考えると、こんなマトリックスしかできませんでした・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)