【認知症の訪問販売対策】「どこでもドアホン」を設置した2つの理由と驚きの機能とは?

デイサービス

パナソニックの 「どこでもドアホン」

綾瀬はるかさんがCMやってた、パナソニックのどこでもドアホン(品番:VL-SVD501KL)を設置しました。

この 「どこでもドアホン」 が ”介護的に” 優れているのは、ずばり 来訪者の録画(しかも動画)機能?です。SDメモリーカードに録画でき、1件30秒目安で4GBならば255件も録画できます。

なぜ認知症便利グッズなのか? 2つの理由と、驚きの機能をご紹介します!防犯やセキュリティ目的でメーカーも開発したと思いますが、わたしから見れば介護用品(認知症グッズ)のひとつですよ、これは。

汚い40年以上前の我が家のピンポン(Nationalって書いてます、懐かしい~)
005

理由その1:誰が来たかをわたしが知りたいから

母と話していると、妄想なのか真実なのかさっぱり分かりません。先日も、

「お父さん(24年間別居中のだんなのこと)が突然帰ってきて、びっくりしたよ!」
「親戚のおばさんが、お菓子持ってきたよ」

父は妄想だと分かりますが、親戚のおばさんは来た可能性もあり微妙です・・・お盆でお金をもらった時などはお返しが必要になりますが、香典袋が残っていれば対応できますが、捨てられるとどうにもなりません。

来訪者の録画を母に見せて、説得するための購入ではありません。でも、あまりに妄想がしつこい時もよくあるので、その際は秘密兵器になりそうです。

うおっ!カメラがついて、玄関周りがおしゃれになりましたよ!
002

理由その2:訪問販売対策

昨年、母が牛乳配達の契約をしてしまった事件がありました。生命保険を何も考えずに更新しそうになった事もありました。今後認知症が進行していけば、こういったリスクは増えていきます。

自動録画をしておくと、どこの誰が来たか確認できるのであとで対策もしやすくなります。今わたしがやっている対策は、来訪者が来たらわたしがわざと母の後ろに立つという方法です。

「このうちは、高齢者の独居じゃないぞ!息子住んでるぞ!」

とアピールするためです。平日昼に40代男が出ていくと、来訪者が逆にびっくりしますよね(笑)ドアホン以上のインパクトかも??

液晶タッチパネルでかっこいい!
007

こんな事も出来るパナソニックの 「どこでもドアホン」

うちのモデルの1ランク上には、外出先に静止画をメール転送する機能もあります。誰が来たかをメールに画像(写真)添付で、自動で送られてくるってすごいです。同居してない家族には便利ですが、わたしはそこまでチェックする気はないので、メール機能なしのタイプを購入してます。

スマホにアプリをインストールすれば、無線LANでスマホで来客応対もできます。(綾瀬はるかさんのCM動画がこれ)また、留守中の来訪者も自動録画してくれます。不在の時に誰が来たかを確認できます、これもいい機能。

ボイスチェンジ機能といって、女性の声を男性のような低い声に変えて応対もできます。セキュリティ対策ですが、うちは使いません。うちがやるとしたら、ヘリウムガスでやります。

徘徊対策もできます。窓(ドア)センサー機能は、その窓(ドア)が開いたことを検知すると音と画面表示でお知らせしてくれて、上記メール機能も使えるので、玄関開けて出てったな!って分かります。

ちなみにテレビドアホンを設置しても、母は

「は~い!」

と言って、直接玄関に行っちゃいます(笑) ドアホン意味ね~ と思うかもしれませんが、それも想定済みで録画さえできればいいので問題ないです。認知症便利グッズと十分言える商品です!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)