認知症の当事者である佐藤雅彦さんが自ら語った「生活の工夫」とは?

認知症ワーキンググループ(認知症当事者の集まり)の活動に注目しているのですが、先日のBS日テレ深層NEWSに共同代表である佐藤雅彦さん(60歳)が出演されていました。

佐藤さんは1954年生まれの60歳。アルツハイマー型認知症と診断されて、9年が経過しています。以前は中学校の数学の先生をやっていらして、そこからSEに転職されますが、2年間休職します。

議事録をまとめられなかったことが、最初の異変だったようです。1対1なら大丈夫でも、複数の人の意見がまとめられなかったと。その後復職されて、配送業務の仕事をされるのですが、都庁で迷ってしまって仕事にならなくて辞められたんだそうです。

そんな佐藤さんはおひとりで生活されているんですが、生活の工夫についてお話されていました。それらがなるほどな~と思うものだったので、ご紹介します。

佐藤さん
電車に乗る時はタイマーを設定してから、乗る

認知症の人はどこで降りたらいいかを忘れてしまう。そこで乗車時間を調べて、タイマーをセット。降りる駅でアラームが鳴るように設定してから、電車に乗るんだとか。なるほどー

佐藤さん
2つのことが同時にできないので注意する。テレビを見ながら、お湯張りをすると忘れてしまうので、アラームを鳴らすようにする

何がすごいって、ご自分で気づいて実行していることです。うちの母は忘れちゃうのよね~ で終わってしまうんですが、それを改善しようという意欲があることに驚きです。

佐藤さん
買い物に行くときは、“買い物リスト”“買い物してはいけないリスト” の2枚を持っていく

買い物してはいけないのは、買い置きできない牛乳や卵などです。ここでもすごいと思ったのは、リスト化して買いだめを防止しようとしていることです。うちは買いだめしてしまう意識はあるんですが、リスト化しようという意識はないんですよね。すごい!

佐藤さん
カレンダーの予定は3つまでしか把握できないので、googleカレンダーを使っている。その日を表示してくれる

普通の人は無意識で何曜日、何日という事が分かると佐藤さんが言ってました。確かになんとなくアタリはつきますよね。佐藤さんはそのアタリがつかないので、googleカレンダーを使っているんだそうです。時間もセットされてましたよ。

SEという経歴があったとしても、認知症になってからメールやタブレット操作をマスターされています。すごく意欲的で、本当に驚きです。他にもたくさんの気づきがありましたので、また次回ご紹介しますね!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)