そろそろ本格的な冬がやってきます!

12月になりました、ここから3月くらいまでは我が家はいつもと違う時期に突入します。

外出機会が減ります

母は手足が不自由なので、ひとりで外出はできません。厳密に言うと、平地のみ自転車はこげるので外出可能ですが、妄想が勝っているためにひとりでは外出できません。どういう妄想かというと、

母:「横断歩道に立つと、車が急発進してきてひかれそうで怖い」

母は言う事がパターン化していて、外出をしない言い訳は必ずこれです。

わたし:「人を跳ねたら、逮捕されるでしょ?赤信号だろうがおばあちゃん歩いている時は、じっと待つから大丈夫だって」

と言うと、その場では納得はしてくれます。でもしばらくすると、また急発進の事を言います。冬は路面が凍ることがあるので、自転車でほいほい外出されると骨折の危険があります。急発進の妄想も冬場だけは役に立ちます、妄想をうまく利用しています。

雪との戦いが始まります

母:「雪が積もったら、庭のウッドデッキが腐る」

ウッドデッキは腐らないのですが、そう思い込んでいます。亡くなったアルツハイマー型認知症の祖母も、ピック病の母も薄着で雪かきをします。認知症の症状が遺伝してるんです、タイプが違う認知症なのに。

母:「雪かきは汗をかくからね、薄着で外に出れば汗かかない」

わたし:「汗はかかないけど、風邪はひくでしょ」

朝7時に起きる母。わたしは6時30分に外を見て、1㎝でも雪が積もったら雪かきをします。雪かきしなくても溶けるレベルでも、やります。手足が不自由なのに、ウッドデッキを腐らせまいと必死で雪かきをする母。薄着なので、いつも風邪ひきます。風邪ひかれると面倒なので、わたしが先回りするのです。

遠くへの徘徊の心配は手足が不自由なのでありませんが、雪かき=行先が分かっている徘徊 みたいなものです。せめてコートを着てくれればいいんですが、シャツとセーターのみで極寒の外へ・・・しかもサンダルで(笑)

通いの遠距離介護をしているので、独りの時はどうしようもありません。訪問介護の事業所とレスパイト契約を結んで、雪かきも含めたのですがピック病なので待てません。積もったらすぐ外に出ます。絶対に治ると信じきっているルル顆粒を常備してあげるぐらいしか、わたしにはできません。

003

手足のリハビリとしてはいいのですが、風邪と骨折は気をつけないといけません。雪かきのヘラを隠してもいいのですが、それはなぁ・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • 今年もいろいろありまして、ずいぶんと参考にさせていただきました。
    うちの母もこの年末に風邪を引きました。 喉からくる風邪なのに「マスクして」といってもマスクが嫌いで
    すぐ外してしまうし、何かやろうとするとマスク外そうとして。薬あげても咳が続くと風邪薬頂戴って。
    トローチももらってあったのでそれでなんとかしのいで3日ほどでようやく治りそうです。
    いやはや、認知症で風邪ってのは大変ですね。
    内科にいっても医者に「咳はでるの?」母「でません」私「薬飲んでるからでないだけで出ます」というふうに言ってることが違うんで大変です。
    あとほんと「否定から入る」のはやめてほしいですね。自分で風邪薬もってきたくせに「薬飲んでないよ」とか まさに今その時のことだけしゃべるのでほんとイライラします。
    トローチも「噛んじゃダメ」って言ってるのに噛むし・・・ ほんと子供かってなります。
    今年最後のコメントがこんな愚痴ですいません。
    来年も色々参考にさせてもらうと思いますがよろしくお願い致します。

  • syumitektさま

    こちらこそいろいろ情報提供して頂き、ありがとうございました!

    syumitektさまとのコメントのやりとりは、他の方に読んで欲しいなぁって思います。
    ふつうに認知症のお医者さんにお願いしている方には、不思議に見えるかもしれませんよね?

    来年も引き続き宜しくお願い致します。

    はい、認知症で風邪たいへんです。 syumitektさまほどではありませんが、うちなりに苦労しました。
    http://40kaigo.net/care/report/2609/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)