認知症の脳の記憶容量をグラフにして見たら、ある事が分かった!

パソコンの世界ではハードディスクやメモリのことを、記憶容量と呼びます。身近なところでは録画に使うハードディスクプレイヤーも、記憶容量が残りどれくらいかを見ながら録画予約します。

脳の記憶容量って?

同じ発想を自分の脳で考えてみます。一般的な人の脳の記憶容量を、時間別にグラフにしたものです。わたしの感覚はこんな感じです。

graph1

グラフは縦軸が記憶容量(今日の記憶を100パーセントとする)、横軸が時間軸になります。

右から4番目の今日を基準にします。今日の記憶や昨日のこと、明日の予定は当たり前ですがよく覚えています。一方で幼稚園の頃だったり、学生時代の事はうろ覚えです。グラフにすると、上図のように過去になればなるほど、記憶容量は減ります。

これを認知症の人に当てはめたら、どうなるでしょうか?

認知症の人の脳の記憶容量

認知症の人の記憶容量をグラフ化してみたのが、こちらです。

graph2

 

軽度の認知症の母(71歳)を例にしています。今日の記憶容量は普通の人が100パーセントだとしたら、60パーセントしかない感じです。夕方に朝の事を聞いても忘れているので、こんな感じです。

ただ、なんとなくでも当日の事を覚えていて、一方で昨日の記憶や1か月前の記憶はありません。明日の予定や1週間後の予定も記憶はないです。

ところが10年前あたりから急に記憶が鮮明になり、20年どころか30年以上の前のことはしっかり覚えています。グラフは30年前にしましたが、40年、50年、60年前のことも覚えています。

母: 「わたしはね、朝の連ドラはおしんをよく見てた」

おしんは1983年で32年前の作品なのですが、母の連ドラの話は、おしんだけです。黙って話を聞いていると、この時代の事に偏ってます。

でも、”記憶のクサビ” を打つことができます。2014年の事はほとんど忘れているのに、大好きな舟木一夫のコンサートに行った事だけは覚えています。そういった強い印象を残してあげることは、工夫すればできるんですよね。

amyさまのコトバ

一般の人の記憶容量のグラフと、認知症の人のグラフを比較すると、記憶の面積が一般の人は広いので、3日前の仕事の悩みとか人間関係とか、家族から暴言を言われたとか覚えています。

認知症の人はというと、”いい意味で” くだらない悩みを排除しています。3日後に病院に行かなきゃいけないという嫌な事も、カレンダーを見るまでは気づきません。激しくケンカをしても、翌日にはケロっとしています。

ここで、ブログコメントをよく頂いているamyさまのコメントをご紹介します。

amy

 

コメントからも分かるように、認知症の人は、「いま、この瞬間 ”だけを”?生きているんだな」 と。一般の人は記憶がどうしても青いグラフになってしまいますが、不安や悩みに関して “だけは” オレンジのグラフを意識して生きていくと、楽しい人生になりますよね?

こういう記憶容量の構造になっているんだから、それを介護者は利用すべきですよね。いつまでも事を引きずらない認知症の人、一方でいつまでも昨日言われた事を根に持っている介護者。こんな損なことはないので、オレンジのグラフのように介護ストレスを忘れましょう!って難しい・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 明けましておめでとうございます。
    本年もブログ楽しみにしております。

    さて、コメント引用恐縮でございます(^_^)
    お正月も実家へ帰り、家族親戚一丸となって、
    父に記憶のクサビを打ち込んで来ました。
    ・・明日には忘れてるだろうな(笑)。

    それにしても、認知症を発症した当時は「治療的な事」に東奔西走しましたが、
    今では、これで良いかー、と思うようになりました。
    もちろんこれからも進行STOPを期待しない、とは言いませんが、
    本人が気分よく過ごせれば、メイン介護者である母のしんどさも減るし、
    それが一番だと気づきました。
    そして父の、今この瞬間を生きる姿勢(悟りの極み)は見習わなくてはと思うこの頃です(笑)。

  • amyさま

    あけましておめでとうございます!
    いつも「気づき」のあるコメントを頂き、ホント勉強になっています。

    予告どおり、コメント引用させて頂きました(笑)

    わたしも今amyさまとまったく同じフェーズに突入中で、治療的な事よりも・・・という感じです。
    アドラーの別の本を今読んでいますが、やっぱり認知症の人と結び付けたくなります・・病気かなぁ?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)