認知症の母が 「脳トレ」 にチャレンジした結果

脳トレ

認知症の母(71歳)はまだ軽度なので、計算問題は割とできます。なので、当初はこれをやってました。

百ます計算

百ます計算

認知症と診断されてから半年後の2013年10月に、百ます計算を母にやってもらいました。面白いと言ってくれたのですが、翌月祖母が亡くなり、百ます計算ドリルはストップ。そのまま1年9か月放置しておりましたが、今週別の形で復活しました!

中鎖脂肪酸を含むゼリー 「メモリオン」 のふろく

最近始めた日清オイリオさんの新商品 「メモリオン」。(詳しい記事はこちら) これおいしい!とはまり、1日2本ペースで食べてます。しかしゼリー以外にも、はまってしまったものがありました。

メモリオン

それがおまけでついてきた、この 「脳活道場ドリル」 です。

脳活道場ドリル

食後にさりげなく母の前において様子を見ていると・・・

わたしには難しそうね、これ。
くどひろ
大丈夫できるって、面白いからやってみたら
あら、そ~お~
・ ・ ・ ・ ・ ・

ん?さっきまでテレビを観ていた母が、急に黙り込みました。わたしは横で 「笑ってコラえて・朝までハシゴの旅」 を観ながらも、母の様子をチラチラ見ます。どうやら真剣に 「脳活道場ドリル」 を解き始めました。

10分が経過し、20分・・・・そして40分が経過したところで、

できた!

百ます計算も最初ははまったのですが、独居ということもあって継続しませんでした。ところが久しぶりの脳トレに、まさかはまるとは!すぐ投げ出すと思っていたら、無言で40分も・・・ウソでしょ?

答え合わせしてみると、驚きの正答率なんと8割!誤答をひとつご紹介します。

脳トレ

下記4つの言葉から連想して〇を埋め、それを漢字で書く問題。答えの〇には「ウ」が入ります。「シオウュウ」を並び替えて、オウシュウ(欧州)が正解ですが、母はなぜか直感でシオチュウ(焼酎)と回答(笑)

問題を読まずに直感で回答するところが、ピック病っぽいです。欧州も漢字は覚えてませんでしたが、ヒントでなんとか書けました。手に力がないので、筆圧が足りず字が流れてます。

2割の間違いも息子の超優しいヒント(笑)で、時間はかかりましたがすべて回答までたどり着きました。
この8割というテスト結果に驚き、まさか数日でメモリオンの効果?フェルガードの成果?デイサービスの成果?いろいろ考えましたが分からないので、反響の大きかったいつもの褒め攻撃 をしてみることにしました。

?

くどひろ
すごいよ、これは!先生にこれ持っていって、報告する!
 
あら、そんなにすごい事?
くどひろ
日頃の成果が出たかもね~
そういえばね、高校生の頃バイト先で暗算のテストがあってね、それで満点とったのよ
くどひろ
(久々に違う話をしてきた事に驚きつつ)あ、そう。そんなことがあったんだー
それもね、いきなりテストだったのよ。今のこのテストとおんなじよ、いきなりだったんだから。
くどひろ
いきなりやってこれだけできれば、たいしたもんだよ!
 

母は大変ごきげんで、もっとテスト持ってこい!という感じでした。調子がいい日ってあるので、予想外の出来に驚いていたところ、母が話しかけてきました。

それもね、いきなりテストだったのよ。今のこのテストとおんなじよ、いきなりだったんだから。
くどひろ
・ ・ ・ ・ ・ ・
 

褒められてうれしかったのか、これ2分間で5回連続で言われました、ちょっと多すぎ(笑)

脳活ドリルはできても、やっぱり同じ事は何回も言うんですよね。調子いいと思ったんだけどな・・・

今回のおまけは 「脳活道場vol.1 vol.2(わかさ出版)」 という2015年新刊本の抜粋で、計算問題・漢字クイズもあって、記憶の中枢である海馬を刺激したり、記憶力を高める問題が収録されてます。百ます計算が続かなかったのは、単調だったから?

とりあえずドリルは買います。認知症の予防を考えている人向けなので、認知症やボケという文字が表紙に書いてあるのがイヤです。本人は不快に思うかもな、表紙だけ破り捨てようかな。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)