なぜ認知症を 「ニンチ」 と略されると腹が立つのか?

ひそひそ

先日、新しい民生委員さんと電話でお話したときのこと。

くどひろ
母は軽度の認知症なので、何日までに書類書いてと言われても忘れてしまいます。
民生委員
そうは見えませんでした。確かに 「ニンチの人」 だと、理解できないかもしれませんよね

ただこれだけなのに妙な違和感、そして軽くイラッとした自分がいました。なんでこんな気持ちになるのか、よくわかりませんでした。

「ニンチ」の議論ってすでにあったんですね

認知症を「ニンチ」と省略することについて という記事がすでにあって、大平怜也さんという介護のプロのご意見だと、

(1)そもそも日本語として意味がおかしくなる
(2)「ニンチ」と省略する人に対してマイナスイメージを抱く関係者が多い
(3)事実関係が誤って伝わってしまう
 
いろんなブログやSNSで、認知症を「ニンチ」と省略する人に対しての批判は多いです。

引用元:http://www.caretomo.com/carezine/article/34/199/?fr=CnRight

ざっくりと引用しましたが、記事元のけあZineさんは介護職向けのサイトです。わたしは介護職ではなく、介護家族なので別の視点で自分の違和感について考えてみます。

ブログやSNSで批判が多いんですね・・・わたしと同じ違和感を持っているんでしょうか?

名前で呼ばれてない

今までお世話になった病院、デイサービス、ヘルパーさん、すべて母を名前で呼んでくれます。苗字で呼ばれたことはありません。母はそのことを心地よく思っていて、わたしもいつしか当たり前のように思っていました。

民生委員さんとは面識もなく、電話で話しただけです。おそらく介護職経験のある方で、悪気もなく 「ニンチの人」 と言ったと推測します。

わたしの人生を変えた本のひとつ、デール・カーネギーの超ベストセラー 「人を動かす」 。人に好かれる6原則の3番目に、

名前は、当人にとって、最も快い、最も大切なひびきを持つことばであることを忘れない。

とあります。介護職のテキストは読んだことがありませんが、きっとこのことを分かって実践しているんだと勝手に思っています。さらに、

フランクリン・ルーズヴェルトは、人に好かれるいちばん簡単で、わかりきった、しかもいちばん大切な方法は、相手の名前を覚え、相手に重要感を持たせることだということを知っていたのである。


結局、「ニンチの人」 は名前ではない、快くないし、大切なひびきも皆無・・・だから腹が立ったんだと思います。

プロの隠語っぽさがイヤ

医療・介護業界の人が使う 「隠語感」 がイヤなんじゃないかと。隠語って特定の仲間だけで通じるものなので、下記写真のようなヒソヒソ話を連想してしまいます。

ひそひそ

少なくともわたしの周りでは、ニンチという人は1人もいませんでした。こういった感情になる介護者って、いますかね?わたしだけかもしれません。

アルツハイマー型認知症の人を 「アルツ」 って言うのも、わたしは好きじゃないです。でもピック病はピックって自分で言ってるので、もはや個人の主観でしかないです・・・

結局何が言いたいかというと、カーネギーの原則はこんなところでも当てはまるんだなって。あの本を介護目線で読み直したら、違った感じ方になるかもしれません。

母: 「こんなに人生で名前呼ばれたことないわ」

確かに出てった父も、「おぅ」 と呼んでました。ちなみにわたしもみなさんに影響されて、「お母さん」 と呼んでません。名前で呼んでます。本人は違和感あるみたいです(笑)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク