認知症で 「同じ事を繰り返し言う人」 に対しての 「3つの対処法」

認知症の方の特徴として、”同じ事を何回も何回も、しかも短い時間の間に繰り返す” という症状があります。これは記銘力(きめいりょく)が落ちるのが原因で、直近の新しい記憶を留めておくのが、苦手になるためです。一方で、昔の事はものすごく鮮明に覚えているのも、認知症の特徴です。

朝ごはん何食べたかは忘れるけど、子供の頃の事はやたらと覚えています。さらっと書きましたけど、この知識があるのとないのとでは、認知症の方への対応の仕方はまるで違います。

我が家を例にして、認知症の方が同じ事を何度も繰り返し言う場合に、どう対処していったらいいかを3パターンに分けて説明します。うちは祖母(89歳)、母(69歳)ともに認知症で、祖母と母だけで会話させたら、ずーーーっと同じ事を2人で繰り返し話してます(笑)

認知症で同じ事を繰り返し言う人に対しての対処法(ど素人編)

ど素人代表は、わたしの甥っ子(10歳)です。認知症という言葉も知らない子供なので、うちの母が同じ話を何回もすると、

『おばあちゃん、また同じ事言ってる!』 『さっきもそれ言ったよ!』

というど素人な返しをします。どの本にも書いている事ですが、”新しい記憶を留める事はできなくても、感情だけはしっかり残る” んです。認知症の母は、甥っ子がいない時にこういいます。

『同じことばっかり!って注意されて、好きじゃない!』

会話の内容は母は忘れていますが、この ”注意された” とか ”不快な気持ちになった” ということはしっかり記憶に留まっているんです。子供を例に出しましたけど、母の妹(65歳)が、甥っ子と同じ対応をしてしまいました。会う前に前もって、認知症の特徴を説明したにも関わらずです。

最初は介護にあたっているわたしも、妹もこのど素人組に属してました(笑)でも今は、卒業しています。

認知症で同じ事を繰り返し言う人に対しての対処法(模範解答編)

いろんなQ&Aを本やネットで見るんですが、模範解答はズバリ ”何度同じ事を言われても、毎回初めて言われたかのように対応する” だとか、”毎回にこやかに聞いてあげる” と書いてあります。

これ、私やりました!

やってみた結果ですが・・・・・・・ 疲れます、マジ疲れます。いつまで、この攻撃に耐えればいいの? そう思います。模範解答はあくまで、模範解答。実戦向きでは全然なかったです。うーん、困った、どうしよう?と思っていた時に、実践的な回答を見つけたのです。そこにはちゃんと、攻撃には何回まで耐えなさいと書いてあったんです!それは・・・・

認知症で同じ事を繰り返し言う人に対しての対処法(最終結論編)

すべての介護で言える事は、”介護する側がつぶれてはいけない” ということです。1日中、認知症の母といっしょにいたら、それこそ同じ話しかしないので、介護する側がストレスでつぶれてしまいます。で毎日悶々としていたんですが、松本診療所院長の松本一生先生のお言葉で救われたんです。

家族は認知症の人が何十回も同じことを聞いてきて、理解できなくなってきても、毎回にこやかに対応できるでしょうか。 私がかつて行った臨床観察からは、どんなに熟練した「聞き手」であっても、同じことを ”5回以上” 聞かれると過剰なストレスになって、ケアする家族の心が疲弊してしまうことがわかりました。「たったの5回で?」と思う方も多いでしょう。ケアする日々の中では、何十回も同じことを聞き返されながら耐えている家族もいるのですから。

5回ならなんとかいける! 5回言われたら、優しいツッコミを入れる 『それ、5回目ですやん!』 って。臨床観察が証明してます。この松本先生の対処方法シリーズはなかなかなので、一度シリーズ通して読まれる事をお薦めします!

ということで、わたしは同じ話は5回まで聞くようにして、そのあとでツッコミを入れるようにしています。でも不思議なんですよ、この5回が自分には100回ぐらいに思えるんです。妹と認知症の母のはなしをする時、『あぁ~、あの話100回聞いた』 って、結構回数を盛ってしまうんですよ・・・

聞いている方は100回聞いた感じになるんです。たかだか10回でも。ということで、今日の結論はこうです。

結論

5回繰り返すまでは、初めて聞いたかのようなにこやかな対応、その後 『それ、5回目ですやん!』と、裏手でツッコミを入れると、自分のストレスがたまらない

一旦ツッコむと自分がすっきりはするんですが、当然波状攻撃のように、6回目,7回目と同じことは言ってきますので、このやりとりはエンドレスです。

松本先生以外にもいろんな認知症の本があるので、ご自分でも研究してみてください!

認知症の本&グッズ 年間ランキングベスト15

2015.01.05
今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)