「介護の愚痴」 がなぜか言葉にならない4つの理由

介護の愚痴

介護をしていて愚痴る・・・

誰もが経験するものですが、わたしはそんなに愚痴るほうではありません。人間が出来ているから?いいえ違います、おそらく他の方と同じくらい 「チッ」 って思っているはずです。でも、言葉にはならないのはなぜか?

ある意味ありがたい「男性脳」

男性脳は「自己完結」のタイプだそう。遠くでヒソヒソと話している姿をみても、人は人、自分は自分と切り離して考えることができるのです。ですので、勝手にネガティブストーリーを考えることもなく、程良い距離感のままでいられるのです。引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10017845/

これメンタリストDaigoさんの言葉ですが、ホント合ってます。女性はというと、「わたしのこと、ウワサしてるんじゃない?」とネガティブに考えるんだそう。またストレスがたまると黙るのが男性、しゃべるのが女性なんだそうです。

介護で愚痴らないのはきっと、頭が男性脳だから・・・そう思っています。黙って孤独になるよくないパターンが男性介護者には多いのですが、ブログをやっている以上孤独にはなり得ません。

余裕のない環境

介護1年目は、祖母が入退院を繰り返し、余命半年と言われ、母が認知症と確定したり、考える暇もなく目の前のことを1つ1つこなす毎日でした。

全く余裕がないし、正直愚痴る暇もない・・・意外と余裕がないという状況は、いいことなのかもしれません。祖母が亡くなった時も、やらなきゃいけないことが多すぎて、悲しむ暇もなかったのと似ています。忙しくて、愚痴る暇もなかったです。

余裕のある環境

「え、逆の答え?」

わたしのようなフリーランスは、時間に余裕があります。母がもの盗られ妄想を言い始めても、余裕をもって対処できるし、夜中に失禁しても、朝から対処できます。もし会社員で時間に余裕がなかったら、愚痴がすごかったかもしれません。

時間の余裕、心の余裕が愚痴を減らしていることは、間違いありません。

状況を理解している人でないと愚痴れない

母は小学生のころ、シミーズを着て泳いでいたそうです。

この話を話し始めたとき、訪看さん、ヘルパーさんの顔を見て、わたしがニヤリとします。そうすると、皆さん「表情は変えないけど、心の中でニヤリ」 とします。

「出た~、おはこ中のおはこ!!」

長い人で3年、この話を聞き続けています。

そういうしょうもない日常は山ほどあって、この話を酒の肴にして飲める人はだれ?と考えると、わたしは長年お世話になっているヘルパーさん、ケアマネさん、サ責ぐらいです。そういう分かってくれる人の前だと、つい愚痴ってしまいます。

「昨日も実は、デイ行きたくないってごねてたんですよ」

わたしの愚痴は、介護職の皆さまへ向かってました。離職率を上げてしまうようなことしてました・・・すみません。でも、信頼してない人には言いません。あと愚痴といっても、いつまでもぐじぐじと言いませんし、そもそも介護サービス中に話す時間もないし。

この中で最も大切なのは、心や時間の余裕だと思います。これが叶う環境づくりが、すべての人をハッピーにするのかもしれません。(間違えてホッピーと打ってしまったww)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)