【認知症介護】終わりあるものにはやさしく、終わりないものにはやさしくなれない

遠距離介護も丸3年が経過、無事4年目に突入しました!2016年は安定の年にしたいです!

我が家が通っている診療所の待合室の写真が、下です。
IMG_1589

お菓子を食べながら、診察までの待ち時間を過ごしていると、自然と知らない人との会話もはずむ、そんな不思議でステキな空間です。今回一緒にテーブルを囲んだのは、ひとりのおじいちゃんと、一組の老夫婦でした。

おじいちゃんとの会話

おじいちゃん
わたしは87歳でね、戦争の時はパイロットだったんだよ
くどひろ
そうでしたかあ

大変申し訳ないのですが、ここは認知症の診療所。本当に87歳かどうかは不明だし、パイロットかどうかも分からない。

祖母が生きていれば93歳だったので、昭和3年生まれだとすぐ分かりました。年齢は分からなくなっていても、生年月日は覚えていることが多いので、ちょっと試してみました。

くどひろ
ひょっとして、昭和3年生まれですか?
おじいちゃん
昭和3年、5月10日生まれ

亡くなった祖母も 「大正12年」 というと、自動的に生年月日を言い出す人で、おじいちゃんも全く同じ反応でした。年齢は、ばっちり合ってます。

次にパイロットの話は、本当だろうか・・・そう思ったわたしは、上の写真左側にある本棚から、たまたまあった戦艦武蔵と大和の図鑑を見せました。すると、おじいちゃんが一言。

おじいちゃん
これは航空母艦でねぇーな

武蔵や大和というのは戦艦であって、自ら攻撃するタイプ。おじいちゃんはパイロットなので、最終的には母艦に帰ることになります。この船は、わたしの帰る場所ではないタイプの船だと言ったのです・・・本当っぽい、パイロットも。

なぜか優しく話を聞けたワケ

全く知らないおじいちゃんの話は単純に興味があって、”無意識に” 傾聴していました。だから、おじいちゃんは楽しそうにお話してくれたんだと思います。

一方で、このおじいちゃんとは次いつ会うか分からない、ひょっとしたらもう会わないかも・・そうも思いました。うちの母とおじいちゃんの違いってなんだろう?と考えたとき 「終わりがあるものとないもの」 の差ではないかと思ったのです。

おじいちゃんとの会話も、1時間も話すわけはない。せいぜいあと5分だけだ・・・明確な終わりが見えていました。しかし母の場合、この1ターンの会話が終わったとしても、明日も明後日も同じ会話を繰り返す・・終わりがありません。

余命半年と医師から告げられたあと、祖母に対してめちゃめちゃ優しくなりました。それはきっと終わりが見えたからだろうと。一方の母は、あと20年は生きてもらう予定なので、祖母ほどやさしくはなれません。

「終わりあるものにはやさしく、終わりないものにはやさしくなれない」

診察室のおじいちゃんとお話していて、こんな思いが頭を駆け巡りました。そういうの関係なく、やさしくなれるようだと人間的にすばらしいのですが、修行がまだまだ足りないようです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • 終わりのないものには優しくなれない…ほんとそうですねー。
    ちょっと違うかもしれませんが、人生の終わりが近づいている人に対しては優しくなりますよね。逆に「この介護いつ終わるんだろう」って果てしなく感じるときには難しいです。
    うちは…あと何十年単位ですが(笑)

  • だださま

    余命半年と宣告された祖母には、めちゃ優しくなれました。うちも20年を予定し、かかりつけ医にお願いしました(笑)

  • こんにちは。いつもくどひろさんのブログに元気をもらっています。
    終わりがあるものにはやさしくできるが終わりのないもの(わからないもの)にはやさしくできない、
    まさにそうだと思います。寿命から考えて、私が祖母には比較的優しくできても、母にはいまひとつ
    優しくできないのは自分の中で残り時間をカウントしてるからなのでしょう。
    しかし自分自身もいつ終わりが来るかわかりませんので、自分にも優しくできたらいいなと思います。

  • 縞バナナさま

    いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます!

    そうですね、自分に優しくするという視点はとても大切だと思います。自分に優しくなれないと、介護者にも優しくなれませんもんね。いい気づき、頂きました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)