「介護は大変だよ」という人よりも、「何とかなるよ」という人に話を聞いたほうがいい

サンデー毎日

「介護は大変だよ」 という人よりも、「何とかなるよ」という人に話を聞いたほうがいい

現在発売中のサンデー毎日で紹介されている、介護を 「逆手」 に人生を切り開いた介護離職者、中村和仁さん(56)の金言です。

サンデー毎日

中村さんは49歳のとき、認知症の母の介護のため出版社を辞め、フリーになったお方。ご自身が体調を壊して入院されたとき、

「もともとフリー志向だったこともあり、それなら独立しよう、と。フリーになれば母と一緒に過ごす時間が増えるとも思いました」

わたしと全く同じ発想です。わたしもいつかフリーになろうと思っていたら、まさかの介護離職で背中を押されてしまいました。

人はどうしても比較をしてしまう生き物

突然ですが、介護ブログで人気のある条件のひとつ、知ってますか?

それは 「介護の大変さ」 です。介護が大変であればあるほど、そのブログへのアクセスが集まる傾向にあります、なぜか?共感したいから?いいえ、違います。それは、

「この人はわたしよりもっと大変な思いをして頑張っている、わたしなんてまだまだ」

と比較し、自分を励ますためです。でもわたしは、こういったブログに目を背けるタイプで読めません。理由は、

「自分の介護の未来を想像してしまうから」

です。認知症はある程度キープできても、少しずつ悪化していくわけで、ムダに未来を悲観的に見て落ち込むのがもったいないのです。もし、悲観的な未来を想像してしまったら、名著 「嫌われる勇気」 にあるこのコトバを思い出すようにしています。

もし「いまここ」に強烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来も見えなくなる。今ここに真剣に生きる。

このコトバを体得できたら、認知症の人に同じことを何回言われても、それはすべてただの過去。その瞬間瞬間では、すべて1回目の話です。体得できたら、そうなりますが山ごもりしないとダメかな・・・

「介護は大変だよ」 という人はきっと、「未来の大変さ」 を切々と語るでしょう。「過去の大変さ」を語ってしまうでしょう。だから常に、「何とかなるよ」 と言える介護者であり続けたい、中村さんのコトバに心動かされたのでした。

コトバの持つ魔法の力、恐るべしです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)