認知症介護で愚痴る・泣き言を言いたくなる・・・わたしの心の中を実況中継!

認知症の母(69歳)と一緒に生活をしていると、頭に来たり、感情が抑えられなくなることがあります。

それでも自分は、いろんな本を読んだり、ヘルパーさんやコウノメソッドとの出会いがあって、決してその感情を認知症の母にはぶつけません。(やわらかくぶつけることはあります)でも、自分の中で消化しきれないので、どこかに出したいんですが、40歳で介護している友達はいない・・・・

ということでこのブログに書き殴ったりもするんですが、ブログに書くときはそれをお役立ち情報へ変換するので、やわらかいタッチになっています。でも、たまには直接的に誰かに話したい・・・・でもいない・・・ってことで、変換なしで今日は書きます!

今日に限って、認知症の症状が炸裂!

認知症のうちの母は、まだ軽度です。なので第三者が10分会話しても認知症と気づく人はいません。30分~1時間話すと、あれ?ってなります。それぐらいの時間だと、3回は同じ事を聞いてしまいます。それくらいの認知症のレベルですが、今日は・・・

1.ガスの火を消し忘れて、自動消火装置が作動し、プチ騒ぎ。
2.洗濯物を13時に干して、14時に取り込む。当然乾いてないので、私が別なところに再度干すと、それも取り込む・・・
3.明日は東京へ帰る事になっているが、”今日の何時に帰る?” という質問を2時間で10回
4.2日間にわたって、私(息子)の ”年齢” を確認。全部で15回くらい質問し、回答するも分からない。

ひとつひとつは文章にしてみてもたいした事ないんですが、これが束になって短時間で襲いかかってくると、さすがにイラッっとします。小力風にキレてないですよ!っていいたいんですが、心の中で半ギレです。見る人がみれば、『きれてんな~』って思うかもしれませんが、絶対に怒鳴ったりはしないんです。それだけはしません。

意外にも2.でのやりとりが疲れました。どうみても生乾きなのに、その状態で洗濯物を畳むんですよね。で、

『この洗濯物、まだ乾いてないでしょー?』 って私が言うと、

『これぐらいは平気でしょ、今日は天気がいいから乾いている』 と認知症特有の自己防衛機能の発動です。そして直近の記憶(記銘)を留めるのが弱いのが認知症だから、直前の事は覚えられないのです。昔の事はいっぱい覚えてますが・・・

あまり否定しすぎてはいけないから、自分が折れて 『そうだね~』 といいつつも、当然1時間で乾くわけがないので、他のところに再度干すんですが、それすらも見つけて、また畳むっていう・・・『まだ生乾きだって!!!』 と言うのはよそう!と思い、また洗濯を干すということをしました・・・エンドレス・・・

毎回、自分がキレかける時に思うのが、

『自分って小さいなぁ~、母は好きで認知症になったわけでもないし、認知症は病気。病気の人になんで、そんな対応しかできないんだっ!』

って。認知症介護は、究極の人間修行とわたしは思っているので、

『修行がまだまだ足りないな!ヘルパーさんを見てみろ!どんな時もおだやかだし、キレたりしないぞ!』

と自分を戒めるのですが、でも人間なんですよね・・・しかも修行中の身だから、10回こういう事があったら、1回ぐらいはキレそうになります。それでも残り9回はきっちり対応しています。こういう時にもうひとつ思い浮かべるようにしている事があります・・・

もっと大変な思いをしている認知症介護の方はいっぱいいる!

うちの母はネガティブ妄想が特徴で、近所の人が亡くなったとか、親戚が亡くなったとか、誰かに怒られたとか ホントかウソか分からない事をよく言います。基本スルーなんですが、暴力や暴言というレベルではありません。

わたしは認知症の方がいる病院へ行く事もあるんですが、ホント看護師さんには脱帽です。注射を打とうとする看護師さんを蹴る80代の女性。看護師さんは暴言を吐きながら蹴る女性をうまくかわしながら、最終的には注射を打つんです・・・すごい!

うちの祖母はやや高度の認知症なのですが、便をいじるという症状があります。壁につけたりするんですが、わたしがそれを拭いたことはなく、拭いてくれるのは病院の看護師さんです・・・・尊敬します。

それに比べれば、自分なんて楽勝!と、自分以上に大変な人を思い浮かべる事で、自分はラクなんだ!と言い聞かせたりするんですが・・・それでも人間だから、ダメなときはダメです。

遠距離介護でよかったと思うのは、こういった日々のストレスがピークになったころに東京へ戻って自分の生活をする。それが終わったらまた、遠距離介護へ行くという ”リセット” ができるという点です。だから今日でリセットできるので、よしとしよう・・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか