ケニアに行ってわかった認知症介護における「三現主義」の大切さ

マサイ族

今日は、7月2日発売の新刊に載らなかったボツ作品を、ブログ用に修正したものをアップします。

以前、アフリカのケニアに行ったことがあります。マサイ族(上の大きな写真)の村を訪問し、部族の踊りを見ました。高くジャンプできるものに敬意を払うマサイ、若者はこれ見よがしに跳んでくれました。 

原始的な火起こしをみたり、牛のふんで出来た家(上の写真の背景の建物)の中をみたりと、貴重な経験をいっぱいしてきました。そもそもケニアに行こう!とならないと思いますが、地球の大きさを感じることができるすごいところです。

「プルルルル・・・」

えっ?

後ろを振り返ると、あのマサイが携帯電話を持っているではありませんか!

今でこそ有名な話ですが、マサイも変化しています。空港にある売店の10倍の値段で、おみやげを売りつける商魂のたくましさも驚きでした。マサイ=原始的で何もない と思いがちです。しかし、現地に行ってみると、こんな現実もあるのです。

下記写真はキリンですが、自分の10メートル先をキリンが走ってました。わたしは車の中に居たのですが、こっちに来たら間違いなく車ごと吹っ飛ばされるんだろうな・・・と思いながらも、ゆっくり走るキリンの姿は今でも忘れられません。

マサイキリン

この経験から、「現場感」であったり、「百聞は一見に如かず」ということわざをより重要視するようになったのです。

自動車メーカーが実践する「三現主義」とは

トヨタやホンダが実践している、「三現主義」をご存知ですか?

自動車工場における「現場で、現物を、現実にみる」という三つの現から成るコトバです。会議室で不良の原因を探っていても、机上の空論。工場の現場に行き、現物を見て、現実を知ることで、改善が可能になります。認知症でも、こんなことが起きてます。

認知症になったら、寿命が来て死んでしまう、一切何もできなくなってしまう。

こういった情報で、絶望の淵へと追い込まれる認知症の当事者の話を、一度は耳にしたことがあるかと思います。介護施設で殺人が起きれば、他の施設も同じではないか?と思ってしまいます。ココナッツオイルで指導を受ける会社があれば、すべてがダメだと考えてしまいます。しかし、現実は、そうではありません。

介護家族に多い「お任せ気質」

介護施設をケアマネやソーシャルワーカーから紹介してもらったとき、「お任せします」と言ったことありませんか?お医者さまに対しても、「先生にすべてお任せします」といった経験あるかと思います。わたしもあります・・・

お任せしますでは、三現主義になりません。介護施設を自分の目で見る、医師に丸投げではなく、家族も認知症の人と向き合うことが「現実を知る」ということです。

病院や医師の知名度、規模、実績、友人からの口コミも、ただの情報に過ぎません。三現主義というフィルタを、ご自身でかけることが大切です。

自分に当てはまるかどうかは、自分で現場に行かないと分かりません。情報だけで判断することはできません。 忙しくて、時間が取れないかもしれません。しかし、介護の責任者は、誰かということです。ケアマネでもなく、医師でも介護職でもない、介護者自身なのです。

ケニアに行って、まさかの携帯電話を見て、ホテルから出たら銃で撃たれるよと言われました・・怖っ。しかし、ライオンやバッファロー、チーターを見たときの感動はコトバでは分からない、やっぱりあの場所に立たないと味わえません。

というお話が、今回はバッサリとカットされました。ブログがあるので、わたしの場合は救われます・・・ケニアとの話がかけ離れ過ぎていたかな?こんど編集さんに聞いてみます(笑)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)