遠距離介護と仕事の両立のはなし

わたし自身(介護する側)の話をするのは、これがブログでは初となります。

わたしは高校までは地元の高校に通い、大学から東京へ来ました。そのまま東京で就職し、ちょうど1年前に新しい会社に転職したばかりでした。ポジションはマネージャー、部下は5名というそんなチームでした。転職して9か月目に祖母が倒れてしまい、最初に思ったのは

『まだ1年も仕事してないのに、よりによって今か・・・。しかも祖母に加え、母まで悪化するなんて・・・』

という思いでした。思いとは別に、かなり冷静な自分でもありました。なぜかというとこれが初めての経験ではないから・・・・

■なんとなく覚悟していた6年間
2006年、父が脳梗塞で倒れました。わたしが33歳の時です。慌てて実家へ帰ったのですが、父は脳梗塞の影響でまず字が書けません。そしてろれつが回らず、自分の鼻を指で触ろうとすると、なぜか触れない 初めて見る父に、ギャグのひとつも思いつかないくらいへこみました。

この時もポジションはマネージャーで、部下が10人近くいたのですが、あまりの父の姿にすぐ退職を決意しました。仕事と介護の両立をこの時はまったく考えず、ただただ慌ててなんとかしないと!という思いだけで、辞めてしまいました。若かったからな~

その時に覚悟したのが、父の長期リハビリです。脳梗塞の後遺症って、片半身をひきずって歩く あの姿を今までたくさん見てきたので、このリハビリに付き合わなきゃならない!そう思いました。しかも父は、私が大学入学と同時に家を出ていきましたから、別居中の母の献身的介護なんてあてにできるはずもなく、妹と私でなんとかするしかない!そんな状況が6年前でした。(父はこの後奇跡的に復活しました、ホント奇跡です!)

■今回はどう仕事と両立するかを、いろいろと調べた
そんな6年前だったので、とても冷静でした。まず最初に調べたのが、社内の介護休暇。一般的には、次のように設定されています。

労働者は、申し出ることにより、要介護状態にある対象家族1人につき、常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることができます(一定の範囲の期間雇用者も対象となります)。期間は通算して(のべ)93日までです。

おっ! と一瞬思うのですが、これに2つの条件が加わります。まず1年以上、勤めていることです、わたしは1年に達してなかったのでアウト!そして無給です、有給休暇ではないのです。 次は体力的にカバーできるかの実験です。深夜バスで早朝についた後、重要な会議に出てみる という自分への体力テストをしました。体力はなんとかなるにしても、メンタルがついていかないなと。

会社に出勤しないと成り立たない職種であったこと、また数日休むと、まるで会社の様子が変わっている事が多かったので、介護休暇とりまくったら仕事にならないなというのは、最初から想像できました。

それでも何か手はないかと、以前読んだ東レ経営研究所の社長 佐々木常夫さんの介護と仕事との両立をもう一度読み直しました。

ちなみに佐々木常夫さんはというと、下記のような状態で社長業をされていたとんでもない方です!

『自閉症の長男と、肝硬変とうつ病を患い43回も入退院を繰り返した妻を看護する生活を長く強いられてきた。』

自分もそういうことできるかな・・・、考えてみましたが ”遠距離” というのがこういう時にやはりひっかかります。新幹線で片道約3時間、バスなら8時間はかかるようなところです。そして介護はスタートしたばかりで、いつまで続くかも分からない・・・これもまた続きますよっ!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)