転職の理由は「介護です」と面接でウソをつくことの弊害

介護離職

『介護を理由に、会社を辞める人というのは非常に多い』

特にこれといっておかしな文章ではないんですが、これが本当はどういう意味かというと・・・

『介護を口実に、会社を辞める人が非常に多い』

この口実が本当ではなく、ウソで会社を辞める人というのがかなりいます。

介護を退職理由として利用してしまうワケ

  • 介護という理由は、会社側を説得しやすい
  • たとえ仕事がいやで辞めるとしても、介護を利用することで辞めることを正当化する
  • 面接で辞めた理由を聞かれた際、介護を利用すると相手の人事も納得する
  • 介護が理由だと、会社側が引き止めづらい
  • 人事としても、理由を深く突っ込みづらい

などです。

こういう人が多いので、本当に介護離職をする人も、人事や上司、同僚から疑いの目で見られることもあります。2か月や3か月後に他の会社に移籍していたら、確実に口実です。下記イーキャリアの例は、介護を口実に面接に臨んで見たものの、ばれちゃったという話です。

わたしの場合ですが、どうなんでしょう? そういう事を気にしている状況ではなかったので、辞表をためらわず提出しました。この話は今になって、友人と話している時に、あっ!って思ったぐらいなので、口実の事が頭にあったら少しは気にしていたかもしれません。

今回辞表を出した後、この介護の件をオープンにするかどうか考えましたが、わたしはオープンに事情を話す方を選択しました。そうすると、意外と介護にどこかで関わっている人が多くて、びっくりしました。ただ、上司は話こそ聞いてくれましたが、人事に至っては介護の制度説明も特になかったです。

何か期待していた訳ではなく、自分で調べられるところは調べよう!介護は情報戦!って思って行動していたので、会社の制度も自分でチェック済でした。

『介護はひとりでは頑張らない、ひとりで頑張るのは情報集めだけ』

わたしは情報はすごく集めてます、これは絶対にやるべきことです。でも最終的に実行に移す時はとことん人に頼ります。それで楽しくいこー!って思いながら、今日も新幹線で実家へ向かいます。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

介護離職
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 初めてコメントさせていただきます。

    『介護を口実に 会社を辞める人が非常に多い』

    離職し 一年以上経過しますが、個人事業主でしたので、会社の制度 云々が無く 離職の選択しかない者からすると、ショッキングな文言でした。

  • グリフォンさま

    コメントありがとうございます。

    会社を休む口実として、遠くの親族が亡くなったと理由づけする人がたまにいますが、あの感覚に近いところがあります。本当に介護のために離職した人からみると、とても悲しい話なんですが、イーキャリアの転職体験談にも書いてあるように、あったりするんですよね・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)