母に気持ちよくデイサービスに行ってもらうために続けているたった1つの小さなこと

デイサービス 行く

デイサービスに行ってもらうまでの2年間を振り返る

「デイサービスに、行ってもらおう!」

ケアマネからの提案に賛同したのが、2012年12月のことでした。祖母が子宮頸がんで入院し、放射線治療をしている頃、母の認知症が確定し、第1回サービス担当者会議を自宅で開きました。

ケアマネが勤める事業所系列のデイサービス所長、今もお世話になっている居宅介護支援事業所の所長(ヘルパーさん)が来てくださいました。当時は東京で仕事をしていたため、会議のための帰省でした。

デイサービスに初めて見学に行ったときは、衝撃でした。利用者さんのほとんどが80代の女性、職員さんの一方的なカラオケがむなしく響き、利用者さんはかすかに反応する程度。その後、流れるように、お風呂が始まりました。

くどひろ
介護職の皆さんって、すごいですね!

介護の「か」の字も知らなかった当時のわたしは、率直に感動しました。世の中には、こういう仕事があるんだと。30代という若さでデイ所長をやっていることも、すごいなと思いました。

しかし、母には全く合ってないデイサービスだということも、すぐ分かりました。結局、断ってから2年が経って、今のデイサービスに行くようになりました。2年の間、ケアマネも、たびたびこう言いました。

ケアマネ
ひとりで過ごすよりも、デイサービスに行った方がいいんですけどね~

もっともなご意見だったのですが、次のデイを紹介する気配もなく・・・結局、かかりつけ医のひとことから、わたしひとりでデイサービスに見学に行き、前とは違うデイの環境に驚き、母を騙して連れて行って、今があります。

新しいデイサービスに行き始めてから

デイが始まって1か月後、半べそで椅子にしがみつきながら、こう言いました。

行きたくない~、行っても意味ない~

今でも、行きたくないと言ったり、逆に行きたいと言ってみたりかなり不安定ですが、なんとか週2回のデイサービスに行ってくれています。そんな母親を気持ちよく送り出すために、わたしは些細なことですがこんなことを続けています。

記事タイトル直下の写真を、改めて見てください。デイサービスの連絡帳(白い布のバックに入っている)と、手提げバックを、写真のような感じで台所の椅子にしれっと掛けておきます。それで、デイに行く前日の夜に、母をこう褒めます。

くどひろ
やるねぇ、相変わらず準備万端だね!

すると、母は、

わたしはね、手足が不自由で準備に時間がかかるから、常に余裕をもって準備するようにしているの

かなり得意気に言うのですが、母は準備してません(笑)たったこれだけのことですが、意味のあることだし、効果はある!と思って続けています。

「わたしはまだ、きちんと準備ができる!」という母のプライドは一応満たされますし、そんな自分に酔って調子に乗ってもらえればいいんです。こういった日々の積み重ねは「じわじわっと」効いてくるはずです。記憶には残ってなくても、ぼんやりとこんな感覚はあるはずです、ここにバックを掛けておくと、確かいいことあったなって。(息子が褒めるという事実は、忘れてます)

認知症の症状が、劇的に改善することを介護者はつい期待してしまうのですが、きちんと薬を飲んでもらったり、怒鳴らなかったり、電話をして会話をするといった、日々の小さなことの積み重ねは、その先の大きな改善(あるいは現状維持)へとつながっていると思います。

小さなことでいいんです、小さなことで。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)