第4回サービス担当者会議までの道のりは険しかった

サービス担当者会議

サービス担当者会議(略してサ担)の第4回目がありました。

021316

 


「・ ・ ・」

今回で4回目のサ担は、6畳に8人(ケアマネ、訪看、訪問リハ、サ責、デイ代表、デイ相談員、母、わたし)でこたつを囲んで行われました、狭っ!

このチームは最強で理想形だとわたしは思っていて、いつも皆さんには実際口に出して 「最強!」 とお伝えしてます。

心の奥にデイサービスを利用するという意識づけをするために、通常ならば前日にしか予定は伝えないのですが、今回は3日前に伝えました。想定はしていたものの、案の定こんな感じでした。

誰来るの?何時から?何人くるの?何しにくるの?
くどひろ
明日の16時、全部で7、8人かな?
あ、そう。(10秒経たずに) で、いつ来るの?何時なの?
くどひろ
明日の16時、全部で7、8人かな?

これを朝から晩まで3日間繰り返し、質問回数は軽く50回を超えました。怒らずよく耐えたなぁ・・・自分!亡くなった祖母がデイサービスを激しく拒否しているのを目の当たりにしているので、デイという言葉すらNGな状況でした。

でも昨年9月から、まずはわたし1人で見学、その後母を騙してお試しへ。そのあとは記憶が風化しないように、毎日こう言い続けました。

「あーいう場所、他にはないよ」
「初めてお試しで行って、あんなに話盛り上がるなんてすごいよね」
「近所の子供たちと話ができるってすごいよね」
「他と違って自由だから、レクリエーションとかないから」
「小さい頃住んでいたところだから、懐かしいでしょ」

これらはすべて事実ですが、母のネガティブスイッチが入るとすべてリセットされ、デイサービス最悪に変わってしまいます。2年前の第1回サ担では他のデイサービスの所長が同席していたんですが、失敗に終わったんですよね。

会議はいつも通り明るい感じで終始進み、母も自ら 「行ってみたい!」 と発言。無事契約となりました。一番の目的である、調理リハビリテーションをぜひお願いしたいとの意向を伝えました。

母の認知症の症状で特に困っているのは、自信満々に言う 『取り繕い(妄想)』 です。2015年最初の会話も、

ねぇ、そういえばあんたの奥さんのお父さん、亡くなったんだって?

ホント人殺しなんですよ、うちの母は(笑)

密かに “妄想連続殺人犯” と呼んでますが、慣れているのでいつも笑い話で終わります。こういった妄想が、いろんな人と触れあったり、調理リハビリをすることで少しでも改善してる事を願っています。

趣味も特になく、料理一筋で来た母ですから、認知症のどんな薬よりも効果があると信じてます。ヘルパーさんや訪問リハビリでコミニケーションはあっても実質家からは出ていない母が、とうとう外出するまでになりました。2年かかったか・・・長かった・・・

今後、デイサービスで起こる出来事は記録ノートを見ながらブログに書きますが、面白いと思いますよ。こんな事するという話をデイ代表から聞かされているんですが、とても興味深い!選んだ理由は、そこです。

読者のみなさまもこういう事してるんだ~ってなるはずです、あとは母がへそを曲げずに続けていってくれれば・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)