検索に便利な「老人ホーム・介護施設 比較サイト」 7つを選んでみた!

亡くなった祖母の介護施設探しの時に使っていた「老人ホーム・介護施設の比較サイト」 7つをまとめてみました!

わたしの場合は、病院のソーシャルワーカーさんにお願いして介護施設を探しましたが、残念ながらそれだけではかなりの情報不足。そこで、老人ホームや介護施設の名前を紹介してもらったら「老人ホーム比較サイト」を使い、情報収集しました。

7つの 「老人ホーム・介護施設比較サイト」 を 「いい点・悪い点」 を指摘しながらご紹介します。下記表が一覧で、そのあと、ひとつひとつ詳しく解説していきます!

No.サイト名ワンポイント
1LIFULL介護(旧HOME'S介護) 読み物として情報が充実しているので、介護施設の勉強ができる
2かいごDB(介護DB) 施設の情報充実度は、このサイトが1番
3老人ホームマップ最も気になる 施設を利用しての感想や評判(口コミ)の量が、日本で一番多い
4みんなの介護最大10万円の入居お祝い金キャッシュバックがある
5オアシスナビ
現場の声ブログがあり、これも現場の雰囲気をつかみやすい
6ケアプロデュース成年後見制度の紹介をしてくれる
7探しっくす 施設を見学する時の、「見学チェックシート」をダウンロードできる

1. LIFULL介護(旧HOME’S介護)

わたしが一番お世話になった老人ホーム比較サイトが、こちらです。

homes介護

このサイトのいい点

  1. 運営会社(例えばベネッセが運営している施設がいいなど)で、施設検索が可能
  2. 1年以内に新設された “新規オープン施設” の検索が可能
  3. 無料iphoneアプリ LIFULL介護 for iphone があり、スマホで検索可能
  4. 地方でも、施設の詳細情報が充実している
  5. サイトを運営しているのは、(株)ネクスト(東証1部上場)
  6. 読み物として情報が充実しているので、介護施設の勉強ができる

このサイトのマイナス点

  1. 施設への口コミは、充実していない

介護施設探しのお役立ちマニュアルは、介護施設(特養、老健、サ高住)の違いや特徴、メリット・デメリット、費用や入所基準について分かりやすく解説されています。老人ホームの違いが分からない人は、こちらのサイトで勉強するのがお薦めです。

LIFULL介護(旧HOME’S介護)の公式ホームページへ

2. かいごDB

いま、一番お薦めしたいサイトです。

介護db

このサイトのいい点

  1. 施設の情報充実度は、このサイトが1番
  2. 待機者数が分かる
  3. 地方でも、施設の詳細情報が充実している
  4. 利用者の内訳(男女比、介護度別、平均年齢)が分かる
  5. その施設が市町村で何番目か分かる(施設の広さ、スタッフ定着率、費用)
  6. 施設の費用についても、細かく記載されている
  7. 各施設のかなり詳細な求人情報まで分かる (介護求人サイトカイゴジョブ と連携している)

このサイトのマイナス点

  1. 読み物としては、コンテンツはそんなに充実していない

情報充実度No.1サイトは、このかいごDB(介護DB)です。最初はLIFULL介護(旧HOME’S介護)で、老人ホームの違いや初歩的なところを勉強していましたが、途中からは情報量が充実していたこちらのサイトメインになっていました。地方でもかなり詳しく施設の情報が載っていたので、かなり助けられました。

かいごDB(介護DB)の公式ページへ 

3.老人ホームマップ

このサイトは、何と言っても施設の口コミの多さが一番の特徴です。
老人ホームマップ

このサイトのいい点

  1. 最も気になる 施設を利用しての感想や評判(口コミ)の量が、日本で一番多い
  2. スタッフ・食事・清潔さ・愉しみ・雰囲気・施設・介護体制が5点満点で評価 (チャートつき)
  3. 地方毎(北海道、東北、関東、近畿、九州など)の介護施設 口コミランキングが見られる

このサイトのマイナス点

  1. ”地方の” 施設への口コミは、充実していない
  2. 介護従事者の施設への不満も掲載されているので、介護職の大変さやいやなところまで見える
  3. 口コミの精査(いい口コミもあれば、悪い口コミもある)が、それぞれで必要
  4. 施設の詳細情報が、詳しく掲載されてない

老人ホームの口コミ件数が、3万件以上もあり充実しています。うまく利用することで、施設の良し悪しが判断できます。地域にもよりますが、わたしの地方は口コミがほとんどありませんでした。口コミを見るためには、無料会員登録が必須です。

4. みんなの介護

みんなの介護

このサイトのいい点

  1. 施設によっては写真が多いので、サイト内で施設見学した感がある
  2. 最大10万円の入居お祝い金キャッシュバックがある
  3. サイトが絵が多く親しみやすい、扱いやすい
  4. 周辺施設を自動提案してくれる

このサイトのマイナス点

  1. 施設紹介数に関しては、そんなに多くはない

最大10万円の入居お祝い金キャッシュバックがあるのは、うれしいですよね。但し、全施設が対象ではありません。「入居お祝い金対象」と書いてある施設のみが対象です。わたしの市町村では3つしかありませんでした。

フォトギャラリー機能は便利です。全施設対応ではないのですが、施設の外観・内覧・お部屋を画像で確認することができます。「この施設に資料請求した人は、こんな施設も資料請求しています」という、Amazonっぽい近隣施設の提案も自動でしてくれるのは便利です。

みんなの介護の公式ページへ

5.オアシスナビ

オアシスナビ

このサイトのいい点

  1. 施設を紹介する動画もある
  2. 施設でどんな事をしているか写真があり、現場の雰囲気が分かる
  3. 現場の声ブログがあり、これも現場の雰囲気をつかみやすい

このサイトのマイナス点

  1. 施設紹介数に関しては、そんなに多くはない

特徴は施設紹介動画があるのと、現場の声ブログというのがあり、実際に入居している人へのインタビューや、スタッフの声が掲載されています。わたしの地方都市も結構カバーできていたので、たまに見ていました。

オアシスナビの公式ページへ

6.ケアプロデュース

ケアプロデュース

このサイトのいい点

  1. 東京・神奈川・千葉・埼玉に関しては、施設情報が充実している
  2. かなり珍しいが、成年後見制度の紹介をしてくれる
  3. 施設見学・説明会などのイベントでの検索ができる
  4. 訪問相談・施設への現地同行も希望すれば、行ってくれる

このサイトのマイナス点

  1. ”地方の” 施設は、検索してもゼロということもある

なんといっても、訪問相談と施設への現地同行を行ってくれるのが、他のサイトにはないです。首都圏・関西圏の方で、直接会って話したいと考えている人にはお薦めです。成年後見制度のプロの紹介もしてくれます。

ケアプロデュースの公式サイトへ

7. 探しっくす

探しっくす

このサイトのいい点

  1. 早わかり用語集(PDF)をダウンロードできる(無料)
  2. 施設を見学する時の、「見学チェックシート」をダウンロードできる
  3. 介護業界専門ニュース 「介護プレス」 で情報収集が可能

このサイトのマイナス点

  1. ”地方の” 施設は、検索してもゼロということもある

ダウンロードすると早わかり用語集であったり、見学チェックシートだったりを無料で入手することができます。見学チェックシートは項目数が多く、こんなにチェックできないなぁ~と思うくらいですが、ただ施設見学に行くのではなく事前にチェックポイントは抑えておくべきです。

探しっくすの公式ページへ

老人ホーム・介護施設探しの大原則とは? 

「資料請求したら、自分で行って目で確認する」

ホント行かないと、分からないです。情報が古かったり、施設はピカピカだけどスタッフがいまいち・・・とか。現場で雰囲気を確かめる事が、最も大切です!

1番最初にご紹介した、LIFULL介護(旧HOME’S介護)の都道府県別の施設探しのページを別途作りましたので、ご利用ください。

【都道府県別】介護施設・老人ホーム検索

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • はじめまして。
    いつもくどひろさんの記事を参考にして要介護者への接し方を勉強させてもらっています。
    脳梗塞の後遺症で車いす生活プラス認知症という重介護の祖父がいたのですが、
    おかげで気の持ちようも変わり、こちらのサイトに出会えたことに感謝しています!

    サイト内をぐるぐる徘徊させていたいだいて、祖父を入居させる老人ホームを探す際にも、こちらの記事を参考に、紹介サイト経由で入居先を決めました。

    すべての紹介サイトを見て回ったのですが、くどひろさんの感想と、私の印象は
    ちょっと違いました(気持ちの問題なのでアレですが…)

    私が使ったのは「みんなの介護」で、その理由は
    ・施設紹介数が一番多かったから
    ・口コミが一番多かった&内容が充実していた
    という2点でした。お役立ち記事などの読み物も一番充実していると思います。

    自分自身が使ってみて「良かった」と思う点について
    “マイナス点”として挙げられていたのが残念で、
    ミスリードにつながったりしないかな?と思ったので
    差し出がましいようで恐縮ですが、コメントさせていただきました。

    これからも、楽しく、それでいてためになる記事を期待しています。
    まだ祖母の介護が残っているもので…(*^_^*)

  • love_mofさま

    コメントありがとうございます、またブログ読んで頂いてうれしいです!

    地域差や介護者の症状にもよると思うのですが、わたしが祖母の施設探しをしたときは、やはりHomes介護さんが施設数がダントツで多かったんですよね。で、コンテンツも分かりやすかったので、イチ推しです。みんなの介護さんは、確かに介護系読み物は一番充実していると思います。賢人論とか好きです。

    いえいえ恐縮することはないです、みなさんご意見ありますので、それぞれで判断頂ければと思っています。

    今後ともよろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)