【施設に預ける前に読むべき本】「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」を読んで

介護施設を間違えたらもっとボケる

「在宅介護はムリだから、介護施設に入れることにした」

わたしも亡くなった祖母を介護することになった時、この決断をしました。もし介護スタート時にこの本を読んでいたら、介護の仕方が180度違っていたかもしれない・・・そう思える本を見つけました!

長尾和宏医師と丸尾多重子さんの著書「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」は、タイトルどおり介護施設を間違うと認知症がさらに進むで!という話です。本の中で特に印象に残ったところを、いくつか引用します。

まだまだ自分で歩ける人を閉じ込める。→寝たきりになる。→口から食べられなくなる。→ボケがもっと進む。→そして胃ろうを作りましょう、という話になる。(略)そうやって、重度の要介護者を作り出している介護施設を、いっぱい見てきたよ。

ホントこういった介護施設は多いんだろうな・・・そう思いながら読みました。療養型病院でのベッドからの転落で大腿骨骨折した認知症の祖母は、胃ろうこそしませんでしたが、結果として上記に近い形になりました。介護施設選びは、認知症の薬選び以上に重要なんですよね。

改善するにはやっぱり家族の力が大きい。在宅なら良いわけでも、施設なら良いわけでもない。介護者と被介護者、二者の心を殺さずに最大限に良い方針を選び取るために、何が一番良い方法なのかを考えてほしい。


介護施設選びが終わると、介護が終わったかのような錯覚に陥りますが、実際は介護が始まっただけ。
常に家族は考えて行動しないと、取り返しのつかないことになります。在宅か施設か一度決断したあとでも、状況は常に変化していきます。

評判が高かったり、名前が通っていたりすると、良いサービスが受けられると勘違いしてしまう。そんなこと、絶対にありえない!

病院も同じですよね。最終的には介護者が自分の目で見て、体験するしかないんですよね。

アポなしで突撃してみる。しかも、利用者の食事の時間を狙い撃ちする

介護施設の見学ポイントの4つのポイントのひとつです。アポなしはしたことなかったな・・・そういえば母が通っているデイは、いつでもどうぞ!というので、いい施設なんだろうな・・・職員と利用者がバラバラに食事しているところもお薦めできない、見学時間に取り繕う介護施設もあるのでアポなしを薦めています。

介護施設にはこういうリスクがあるという事を最初に分かっておくと、介護施設の選び方もその後の介護者としての関わり方もだいぶ変わってくるはずです。

施設介護を検討する人が、まず最初に読んで欲しい本です!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)