メディアが取り上げない「介護施設選び」の意外な落とし穴とは?

遠距離介護セミナー

「遠距離介護」 とgoogleに入力すると、トップに出てくるのがNPO法人パオッコさん。そのパオッコさん主催の遠距離介護セミナーに行ってきました。(毎年参加しておりますが、今回は撮影許可証を頂きました)

NPO法人パオッコ

今回のテーマは、

「その施設、親にとってあなたにとって、安心?安全?」

介護弁護士・外岡潤先生

「介護弁護士」 というジャンル、聞いたことあります?

施設での介護トラブル(老人ホームでの転倒骨折等)、後見制度、相続などを扱う弁護士さんなんですが、全国の介護施設を訪問して手品や日舞を披露されるという珍しいお方。そういった取り組みから外岡先生は、マンガ「ヘルプマン20巻」の巻末に登場しています。

002

何か施設との間でトラブルになったら、まず外岡先生みたいな介護弁護士さんがいる!ということだけ、覚えておくといいと思います。といっても、おひとりだけ?かも。

失敗しない施設の選び方と利用法

外岡流・施設選びの5つの掟を教えてもらいました!

1.近所にオープンの施設は、大抵泥船である
2.大々的に広告する大手は避ける
3.転倒・骨折したらどうなるか?を聞く
4.施設長には絶対会いなさい
5.現場職員が疲れていないか?ストレス具合は?

さらに聞くこととして、

・看取りはできますか?どこまでやってくれますか?過去の例は?
・どんなときに退去することになりますか?

とにかく比較をして、目を養う事が大切というお話でした。本当にその通りです。

一番心に響いた言葉、それは 「やらない理由を探しがち」 。どういうことか?例えば、入ってしまった施設で事件やトラブルにあっても、「環境を変えると本人によくない」、「いろいろ家具など持ち込んだから、引越が大変」とかとか。

結局、介護者があれこれ理由をつけて面倒だから、ちょっと事件があっても施設を変えないでいるということです。外岡先生は、常にプランB(脱出先)を考えておくこと と言ってました。亡くなった祖母が大腿骨骨折を病院でしてからというもの、わたしもこのスタンスで考えるようにしてます。

もひとつ、「お金とサービス内容は比例しない」、「無届けホームでもいいところもある」 というもの。なんとなく高いお金を払って、きれいな施設に入居させたら、介護者は満足しがちです。

ところがそんなことはなく、きれいな施設に行ったら驚くほど静かで、みんなが車イスとか、逆に無届けでもスタッフが温かくて介護を受ける人にはすごくいいとか・・・はなから否定してはいけないとのことでした。

これ施設だけでなく、病院選びも同じことです。大きくてきれいな病院で診察受ければ満足、違いますよね?

パオッコさんの遠距離介護セミナー

遠距離介護セミナーは1年に1回、10月頃行われることが多いです。年々参加者は増えていて、東京開催はあっという間に100名の定員が〆切になるほどの人気です。現役で遠距離介護している方の体験談も聞けますよ!

NPO法人パオッコ・「遠距離介護セミナー」 に行ってきました!

2013.10.21

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか