介護者は「混合介護」を頭に入れておくと視野が広がりますよ!

混合介護

日本経済新聞に「混合介護を大きく育てよ」という記事がありました。

「混合介護」とは、原則1割負担の介護保険制度の中で受けるサービスと、10割支払う保険外サービスを組み合わせて介護することです。「混合介護」は認められているのですが、厚労省曰く明確に分ける必要があるそう。ちなみに、医療でいうところの、健康保険と自由診療を一緒に行う「混合診療」はダメです。

記事によると、公正取引委員会が「混合介護」をしやすくして欲しいという報告書をまとめたそうです。混合で何ができるかという例が、いくつか示してありました。

原則として事業者が保険内サービスと保険外サービスを同時・一体的に提供することはできない。このため事業者が創意工夫を発揮できなくなっている、と公取委は問題視した。たとえば、介護職員は保険内サービスとして要介護者向けに食事をつくるのと同時に、帰宅が遅くなる同居家族向けの食事も用意するといったことができない。また、利用者に特定の介護職員によるサービスを求められても、指名料をとることもできない。
引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO06913020W6A900C1EA1000/

この例だと、要介護者と介護者は同じ料理を食べるのだから、別料金を払ってでもヘルパーさんに作ってもらいたいとふつう考えますが、できません。介護職員の指名制も、もしあったらわたしは利用します。

母の歴代ヘルパーさんは、4年で7人。母も好きなヘルパーさんがいるわけで、できればその人を指名したいです。でも、ケアプランで決まった、シフトが合うヘルパーさんが派遣されて来ます。うちは多少わがままを言っていて、できるだけ同じヘルパーさんをお願いしているので、ここ2年くらいは固定です。変わる都度、母が混乱するためです。

指名制でヘルパーさんの待遇が改善されるなら、モチベーションも上がりますよね。記事にも、こうあります。

結果として民間の力で介護職員の賃金を上げ、人材の定着により介護人材の不足を緩和しやすくなる。事業者の活発な競争を通じてサービスの質は向上し、利用者の利便性も増すだろう。
引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO06913020W6A900C1EA1000/

介護保険制度の中で、職員の処遇改善を!という声が多いのですが、税金を増やしたり、他から予算を持ってきて処遇を改善するしかありません。もし「混合介護」がもっと広がれば、介護家族も職員さんもハッピーになるという考えもあります。

料理の話も、指名制もひとつの例ですが、「混合介護」という発想を介護者は頭に入れておくべきです!地域包括からケアマネまで、みんな介護保険制度の傘の下で動いているので、介護者は保険外に目がいかないんですよね。

ある介護者は、こう言ってました。

介護者
わたしは施設には入れたくない。自宅で介護がしたいけど、介護保険制度の枠の中ではずっと家に居てもらえない。それで個人で契約して、長い時間家に居てもらうよう契約をした

すべて介護保険制度の中でしか考えていなかったわたしは、目からウロコでした。お金はかかっても、その手があったかと。

うちは、「雪かき」を居宅介護支援事業所と保険外の契約を結びました。母は手足が不自由なのに、氷点下の極寒の外に薄着で飛び出して、雪かきをします。風邪をひくし、転倒して骨折されると困るので契約したのですが、母が自分で電話できないのと、すぐ来てくださるわけではないので、1回も使っていません。

介護が始まった最初は介護保険制度で考えるのは当然かもしれませんが、制度でどうにもならなかったり、自分の時間を作りたい、仕事を優先したいと思ったら、介護保険外のサービスも考えてみると、視野が広がると思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
混合介護
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • こんにちは!初めてブログを読ませて頂きました。母の介護を遠距離でしながら、自殺をしたくなるほど疲れてしまった当時を思い出し、そのころに、こんな情報がやりとりできていたら・・・としみじみ思いました。現在は92の父が姉の自宅近くの老健で生活しながら今後について考える時期に来ました。その矢先、持病のぜんそくが発症。自宅に早く戻してあげた方がいいのではないかと悩んでいます。ただ、遠距離であることと仕事を抱えていること、様々な理由で、殆どを独居で過ごす父をどうフォローすべきかのアイデアが浮かびませんでした。正直、東京へ出るたびに、一人でフリーカメラマンとして頑張る主人に負担がかかり、保護された犬の飼養も手がかかります。なんでもかんでも・・・もは、結果自分に負担がかかり、疲労が抜けない・・・という繰り返しでした。幸い母の時はほとんど介護に携わらなかった姉が、現在練習中で、施設のやりとりは一人でこなしてくれています。頑張りすぎないよう、二人で分担しながら父の希望である在宅に戻すことがいいのか・・・工藤さんのブログやコメントを見て、参考にさせて頂きたいと思います。長々失礼しました。情報ありがとうございます!!また、読みに参ります!

  • みかんこさま

    ブログ読んで頂き、ありがとうございます!

    うちは母が在宅希望ですので、かかりつけ医(訪問診療できる)と相談してどこまで在宅でいけるかチャレンジしています。といっても、まだ73歳ですので、当分先のような気もしていますし、急にどうなるか分からない歳でもあります。うちもいい感じで妹と分担ができています。

    気軽にお立ち寄りください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)