排泄予知Dfree(ディーフリー)の個人向け延期のお知らせ

Dfree

10分後の排便、排尿を予知する画期的なデバイス D free(ディーフリー:タイトル下写真)。このブログや自著でもご紹介したのですが、2016年9月16日に個人向け発売時期の延期の発表がありました。

当初はクラウドファンディングという形で資金を集め、2016年4月に商品を入手する予定でした。それが9月に延期になり結局、お金の返金という形になりました。開発元であるトリプル・ダブリュー・ジャパンさんのコメントを引用します。

本プロジェクトのリターン商品開発を進めるにあたり、第一ステップとして、介護施設でのトライアルを行いました。そのトライアルを通じ、一般の方々が利用するには、年齢・性別・症例など含め、幅広い利用を想定した、介護施設向けとは異なる「ソフトウェア」や「ネットワーク機器」の用意が必要であることが判明しました。
引用元:https://readyfor.jp/projects/DFree/announcements/43551

最終的に、個人向けはどうなるかというと、こうあります。

皆さまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたことに対し、心よりお詫び申し上げますとともに、今後、これによって一般の皆さま向けの商品開発の手を緩めるわけではなく、一般の皆さまにもいち早くお届けできるように、全力で事業を続けて参りますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 
引用元:https://readyfor.jp/projects/DFree/announcements/43551

わたしが取材に伺った2016年4月時点での情報を、新刊「医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得」にこのように書きました。

個人の方はスマートフォンで管理することになりますが、購入できるようになるのは早くても2016年末頃の予定です。
引用元:医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得 108ページ

再度、トリプル社に確認したところ、この日程よりもさらに時間がかかるとの回答を頂きました。

現在の最新の状況

川崎市は8月からベンチャー企業と協力し、排泄(はいせつ)のタイミングを予知する装置を使って介護施設職員の排泄ケアの負担を軽減する実証実験を始める。福祉分野で新産業創出を目指す市の「ウェルフェアイノベーション」の一環として取り組み、新たな在宅ケアモデルや要介護度維持改善にもつなげていきたい考えだ。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00010691-kana-l14

2016年8月より、介護施設での実証実験が始まっています。その前の介護施設でのテストについては、新刊に詳しく記載しました。画期的なシステムだなと取材して思いましたし、介護職の方にとってもラクになるシステムだなと感じました。

内閣府政府広報室の調査で、在宅介護で苦労したことベスト10の第1位が「排泄」です。排便、排尿が予測できるようになったら助かる、介護がラクになる方はたくさんいるはずです。1作目の本を出した後、「あのディーフリーって、どうなったんですか?」という質問を、よく受けました。興味がある方が多いなぁと感じました。

今後もディーフリーを応援しつつ、最新情報が分かったらこのブログでもアップしようと思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
Dfree
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

5 件のコメント

  • 「医師には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得」
    拝見させていただきました。
    我が家の父もトイレの失敗が目立つようになり
    「Dfree」期待しておりました。
    個人向け販売の早期実現を願っております。

  • なぎささま

    コメントありがとうございます!

    本を読んで頂き、ありがとうございます。ディーフリーの開発が終わったわけではないので、じっくり待ちたいと思います。実際のモノを取材時に見せてもらいましたが、とても軽くて小さかったですよ。

  • テレビで拝見いたしました。
    母が大脳皮質基底核変性症という病気で一人で動くことができません。
    薬の影響で便の出が悪く薬で調整していますが尿や便の出が悪くなってきています。
    今はなるべくトイレでしたいという希望がありポータブルトイレなどで頑張ってさせておりますが、
    時間もばらばらで我慢できなくなることもあり本人の気持ちが落ち込むことが多くなってきています。
    私も仕事を辞めてそばにいるにですが尿意や便意がわかるようになると母の負担が減ると期待しております。
    一刻も早く手に入れたいので発売の際はご連絡をいただないかとご連絡いたしました。

  • 東本さま

    コメントありがとうございます。

    申し訳ないのですが、情報をわたしも集めてはいますが確実にご連絡できるとはお約束できません。もし一刻も早く手に入れたいのであれば下記ホームページを、twitterやFacebookでフォローしてチェックする方が確実だと思います。すばらしいデバイスですよね、本当は今頃わたしの手元にある予定だったのですが、個人向けは延期されました。

    http://dfree.biz/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)