介護で困ったとき「助けて!」ということに勇気は必要か?

あらゆる介護において介護者ご自身が追い詰められたとき、「助けて!」と素直に声をあげることができますか?

わたしは自分で何でもやろうとするタイプなので、「助けて!」となかなか言えません。いつも本やブログで「ひとりで抱えちゃダメ!」、「人に頼って!」とか言っておきながら、実はそうなのです。ただ、これは仕事上のお話で、介護は割と「助けて!」と言えちゃいます。

今のわたしは、悪性リンパ腫の父、認知症の母と2拠点をバスで往復しているので、始めから「助けて!」と言って、たくさんの方の力を借りています。

Amazonほしい物リストを介護に使う!

「人」に力を借りるのと同時に、「もの」に関してもAmazonほしい物リストを使って、「助けて!」とブログで言いました。すると、記事タイトル下の写真のとおり、欲しかったものが送られてきました。本当に、本当にありがとうございました!

わたしはこの「Amazonほしいものリスト」の仕組みを、介護者に知って欲しいと思っています。ブログを運営しているから「もの」が集まると思っていらっしゃるかもしれませんが、ほしいものリストはSNS(FacebookやTwitter)やメールでも利用できます。要はブログがなくとも、誰でも利用することができるのです。

くどひろほしい物リスト → http://amzn.asia/g5jJcsi

現に、介護とか関係なく、ただ自分が欲しいものをアップして、匿名の方から「もの」が届いて喜んでいる方も多数います。介護されている方は困っているケースが多いので、こういう便利な仕組みを活用して欲しいと思っています。そのためにも、まずはわたし自身がこうやって実践してみよう!そう思って、リストを公開しました。

2名の方から、ギフトを頂きました。1名は匿名の方、もう1名はわたしもよく知っている介護ブロガーななさんからでした。(贈る方は名前を公開・非公開にできる)ななさんは、わたしのブログを読んでくださっているから、母が今飲みまくっている冷やし甘酒のことも知っていて、リストにないのに頂きました!

ななさんは、アルツハイマー型認知症(要介護5)のお母様を、在宅で介護されています。そして会社員として、介護と仕事の両立をされている方です。「認知症介護あるある」の記事は特に秀逸で、認知症の型が違っていても、家で起こることは同じなんだなぁ~そう思いながら読んでいます。

わたしがほしいものリストに載せたのは、「リポカプセルビタミンC」1種類です。悪性リンパ腫の治療で、すでに使っています。以前ブログでもご紹介した「高濃度ビタミンC療法」を取り入れていますが、なぜ普通の治療をしないのかは、今日アップの介護ポストセブンの方に、書いてみました。

簡単に言うと、普通の治療ではどうにもならない・・・だから、一縷の望みにかける!そのひとつが「高濃度ビタミンC療法」だったというわけです。

父は退院してまだ1週間も経ってませんが、恐ろしいほどに回復しています。がんが消えたとかそういうことではなく、とにかく元気なのです。声も出なかったし、起き上がることもできなかった人が、ベッド脇のトイレに自分で座ろうと頑張っています。ついこの前までおかゆをちょっとしか食べなかった人が、この前はコーラ飲んでました・・・どうなってんの?

【副作用のない新しいがん治療】超高濃度ビタミンC点滴療法を受けてみました

2016.02.22

もちろんこの療法に否定的な意見もあることは知っていますが、わたしは自分の目で見て感じたことをそのまま発信しています。わたし自身が試したときの話を父にして、この療法を受け入れてもらいました。父に感想を聞いてみると、全身に力がみなぎる感じと言っていました。点滴は病院によって値段は違いますが、1回1万円以上はします。これを週2回ペースで、自費で打っています。リストに載せたサプリも併用すると効果的なので、こちらも飲んでいます。1か月8,000円くらいです。

この点滴のおかげだけではなく、医師、看護師、介護福祉士、ヘルパー、作業療法士、言語聴覚士、ケアマネ、家族・・・などなど、多くの方が一生懸命関わってくれたから、みるみる元気になったのだと思います。悪態をつく元気すらなかった父が、若干悪態をつくことも・・・はっきり言ってムカつきます( ´∀` )

10年前の脳梗塞の影響で、若干の易怒(いど:怒りやすいこと)があるということは、少し理解してあげてもいいのですが、わたしは「じじいのワガママ」だと思っています。カルテに症状として書いたほうがいいです、この症状でお困りのご家族はいっぱいいますから(笑)

お金は本当にかかりますね、余命宣告が相当厳しかったので、今は全力で投資しています。消えた年金問題(父限定)・・これは生きてる間に、父に問うつもりです。普通に生活していれば、あんなにお金はなくならないのに、何に無駄遣いしたのか・・頭を抱えています。

前回の在宅で看取るという記事は反響が大きく、「え、そんな選択肢もあるの?」そう思って頂けたと思っています。今回のお話も、「え、そうやって誰かに助けを求めてもいいの?」「そんなやり方もあるの?」そう思って頂けるだけでいいです。これが正解ではありません、今回も言います。選択肢は、いっぱいあったほうがいい!情報を多く持っていたほうが、介護は絶対に楽になる!

介護で困ったとき「助けて!」「手伝って!」と素直に言える練習を、仕事場などで日頃から訓練しておきましょう!そうすると、勇気を振り絞ることなく、スーッと言えるようになると思います。

ギフト頂き、ありがとうございました!来週また盛岡に帰るので、父親にこの経緯を説明します。絶対に意味分からんと思いますが、とにかく喜んでくれると思います。甘酒も飲み過ぎないよう、少しずつ冷蔵庫に入れるようにします。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか