介護は「親孝行プレイ」ってなに?

親孝行プレイ

テレビを見ていたら、タモリ倶楽部でおなじみのイラストレーターみうらじゅんさんが出演されてました。(佐村河内氏と間違われる)

みうらじゅんさんはサブカルチャー界のカリスマで、「マイブーム」や「ゆるキャラ」という言葉の生みの親なんですが、みうらさんがテレビでこの言葉を紹介してました。

「親孝行プレイ」

意味を聞いたところ、介護している人に当てはまるなぁって。今日は、そのお話です。

親孝行プレイとは?

親を喜ばせるという行為は、もはや「心の問題」ではなく、実際にどう行動するか つまり「プレイ」の一環なのである。心に行動が伴うのではなく、行動の後に心が伴うのが、現代の親孝行なのだ。

「親孝行プレイ」とは、『心が伴ってからでは親孝行も手遅れになることがある』をコンセプトに、プレイの一環として親孝行を実践しようというものだった。

これはみうらさんの著書、「親孝行プレイ」 の一文です。要は四の五の言わず、行動に移せ!ってことなんですけど、介護してる人って、この 「親孝行プレイ」 を意識せずしているなと思ったわけです。

介護者として親孝行って?

大変ありがたい事に、お世話になっているヘルパーさんやケアマネさんなどから、

「親孝行な息子さんですね」

と言われます。世間的には、きっといい息子なんでしょう。当の本人はというと、親孝行という意識はゼロです。わたしのスタイルは、あくまでしれっとですから。介護している人で、

「わたしは親孝行だな~」

って思いながら介護している人って、どれだけいるのかな?と。わたしの予想では、あまりいないんじゃないかと思ってます。そういった気持ち(親孝行)よりも先に行動(介護)している、まさに 「親孝行プレイ」 だなって。

これに似た、わたしが大好きな話があります。プロゴルファーの青木功さんが言った言葉です。

心技体のはなし

大事なのは「体技心」の順番でしょう。ただ、日本人は精神面を重視するし、言いやすいから「心技体」と表現するようになったんじゃないかと思っているんです。体力がなかったら、仕事でもスポーツ でも何かをやろうとしてもできない。逆に体力があれば、技術も身につくし、心だって安定するんじゃないでしょうか。(引用元:http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=5306)

元中日監督の落合博満氏も、同じことを言ってます。介護におきかえるならば、介護者が体力的に疲弊してはいけないってことになりますよね。介護者の体が万全ならば、心も安定するってことです。「体技心」なんです。親孝行プレイを続ける体力は、とても大切です。

ちなみに親孝行界のスーパースターは、みうら氏いわく “えなりかずき” で、えなりくんのように親孝行する人を 「エナリスト」 と言います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

親孝行プレイ
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 確かに私自身の行動は「親孝行プレイ」です。
    いろんな人から「お母さん想いね」と言われますが
    「ええ、私は外面が良いからそう見せてるんですよ」と応えてます。
    それをみんなが笑って受け止めてくれれば、それで良いんです♪

  • もーさま

    なるほどですね!その切り返し方、とてもステキです。

    わたしも今度使ってみたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)