フランス生まれの認知症ケア 「ユマニチュード」 は手軽で簡単!

フランス生まれの認知症ケア 「ユマニチュード」 って、ご存知ですか?

フランス語で、「人であることを尊重する」 という意味の造語らしいです。

この 「ユマニチュード」 という認知症ケアの方法が、何か画期的か?というと、特にそうでもありません。日本でも同じような認知症ケアをしていますが、訴求がまだまだ上手じゃないんでしょうね。

「ネーミング」 であったり、認知症ケアをうまくまとめてアピールするという事が、日本ではまだまだなんだと思います。

海外ほど、「認知症」 をオープンにするという発想がまだなく、”隠しておきたい” という気持ちが、訴求下手にさせているような気がします。それはさておき、この 「ユマニチュード」 の中で、ひとつだけ驚いたことがあります。それは、

「認知症の人は視野がせまいので、鼻を中心に15度くらいで正面で見る」

いやぁ~、知りませんでしたよ。認知症の人の視野が狭いなんて・・・。15度しか見えないということではないと思いますが、認知症の人を正面から見ないと、コミニケーションを取っても効果的ではないんだなと。それでは、具体的に 「ユマニチュード」 を見ていきましょう。

20131025-00000503-san-000-1-view

以前ご紹介した、スウェーデン生まれの 「タクティールケア」 も ”タッチする” という認知症ケアの方法でした。ネーミングは様々でも、認知症の方への接し方は、「赤ちゃんや子どもに接するかのように」 というのが、基本なんですね。(参考記事:認知症ケアに効果あり? 「タクティールケア」 ってなに?のはなし

元記事:フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」

「ユマニチュード」 はまだまだ新しい認知症ケアの方法で、関連書籍も下記の 「看護管理」 ぐらいしかありません。これから、たくさん関連本が出版される事を期待したいです。(追記:本とDVDが発売になったので、追加しました!)

<追記: 2014.02.07>
NHKクローズアップ現代で放送された 「ユマニチュード」 の回を見ての感想はこちらです↓  
NHKクローズアップ現代 「見つめて 触れて 語りかけて ~認知症ケア“ユマニチュード”~」 を見て

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)