【55年ぶりの再会】認知症の回想法とその効果とは?

回想法

認知症の母(70歳)は、小さい頃とても苦労しました。住むところもままならず、9回の引っ越しを経て今の家に住めるようになりました。

ある時、母をそば屋に連れて行ったところ、”認知症とは思えない” 饒舌なしゃべりが始まりました。「一体、何ごと??」 と思ってそば屋を出たら、

母: 「わたしね、昔、このそば屋さんの隣に住んでたの!」

認知症の人って、直近の記憶(記銘)はだめでも、昔の事はよく覚えています。そば屋の隣に住んでいた頃の思い出を話す母は、それはそれは楽しそうで、「いい意味で別人格」 に変わります。この現象を用いて、認知症のリハビリに活用しているところが結構あります。

回想法とは?

回想法はアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法で、過去の思い出を誰かに話す事で脳が刺激され、精神状態が安定し、これが認知症のリハビリテーションによいと、介護施設でも取り入れられています。そば屋の話は、まさに?「回想法」 なのです。

回想法ってなんですか? | 認知症医療 │ 認知症フォーラムドットコム回想法ってなんですか? | 認知症医療 │ 認知症フォーラムドットコム

そば屋の時は 「回想法」 と知らなかったのですが、今回は 「回想法」 を知っていたので、”あえて” 懐かしい場所へ連れていく事にしました。それが思いがけないドラマを生むことに・・・・

55年ぶりの再会が示した回想法の効果

今回行った食堂は、それはそれは・・・・時間が止まったかのような食堂です。その食堂の隣に、昔住んでいた事を聞いてたので、認知症の母を店の前に連れて行くと、また 「いい意味での別人格」 に早変わり!

母: 「この通りはねー、映画館がいっぱいあって、昔はテレビがなかったから・・・・」
わたし: 「やばい、話が止まらない・・・・」

とりあえず店の中に入ると、今度は私が興奮状態に!その食堂には、昭和30年代のメニューが、そのまま残されていました。カレーライスが60円、中華そばも60円、なぜかビールは160円って高っ!ヂュースは20円!その写真がこちらです↓

20131121_170552
で、わたしがカツカレー(今は600円でした)を注文すると、なんとも懐かしい色した昔の家のカレーが、「スプーンがコップの水に浸かった状態で」 出てきました。

わたし: 「おぉーーー、スプーンがコップの水に浸かってる!!!!」

わたし: 「ナンとか気取ってる場合じゃねぇーなー、やっぱり昭和のカレーはこれっしょ!」

母そっちのけでひとり興奮していると、店主がいらしたので、こちらから声をかけてみました。

店主と母は小さい頃、少しだけ接点があったようですが、お互いに記憶が微妙で会話が弾みません。「回想法」 失敗か・・・・そう思っていたところ、台所方面から、ラスボスが登場!店主のお母さん(90歳)です。

母:  「まぁー、覚えてますか?昔、隣に住んでました、××です!」
店主のお母さん: 「・・・・・・・・・・・・・」

店主のお母さんは足腰は元気で、5年前まではお店に立っていたそうです。ただ耳がものすごーーーく遠いので、店主が通訳しないと会話が成り立ちません。いつ頃の話か、わたしが母に尋ねると、中学生卒業の頃という回答が。母は70歳で、中学卒業が15歳だから・・・・

わたし: 「えーーーー、55年ぶりの再会ってこと!!」

「回想法」 を試すつもりが、まさかの感動の再会になってしまいました。昔懐かしいところへ連れて行くのは、どんな認知症の薬よりも効果あるなぁ~ そう思える出来事でした。ちなみにオチがありまして、

店主: 「母は最近、認知症でしてね」

うちの母が隣に住んでいた事は、少し理解していたようでした。でも、お互い ”認知症” という現実。せっかくリアルでは再会を果たしているのに、認知症ということで、”本当の意味で” 55年ぶりの再会は果たせなかった という切ないお話でした・・・このメニュー、最高ですね!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)