【ユマニチュード】創設者イヴ・ジネストさん静岡大学客員教授になり、新しい試みを

ユマニチュード

9月14日の中日新聞web版で、こんな記事がありました。

認知症の症状を改善させる看護と介護の手法「ユマニチュード」の普及を目指し、静岡大大学院情報学研究科の竹林洋一教授(63)の研究グループが、映像を使って手法の習熟を促すツールの開発を進めている。ツールは、年内を目標に完成させ、看護師ら医療関係者向けの研修会で活用する。
引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140914/CK2014091302000266.html

 

ツールは、介護の様子をビデオで撮影して映像をパソコンで分析。相手を見つめる時間や、会話の声のトーンなどをグラフ化し、理想の介護とのズレをチェックでき、手法が十分に身に付いたかどうか判断できる。ゼミ学生らと病院を訪ね、看護師の協力を得て、映像づくりや分析作業を進めている。
引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140914/CK2014091302000266.html

そんな流れもあって、4月にユマニチュード創設者であるイヴ・ジネストさんは静岡大学の客員教授になったんだそうです。ちなみに下記のユマニチュード入門は、看護関係では異例の大ヒットですでに6万部を超えたんだそうですよ。(わたしのブログ経由でも、60冊売れて驚きました)

このブログでユマニチュードをご紹介したのは2013年10月だったんですが、あれからユマニチュード関係は約3万回もブログ記事読まれてます。テレビの影響はすさまじいものがあります。特に?2014年2月に行った上智大学のユマニチュード講演会レポート?は、今でも人気があります。

これはわたしが参加した講演会のイヴさんの写真↓
20140222_130639

ユマニチュード3冊目の本が2014年10月9日に発売になります、著者はNHK取材班の望月健さん。NHKはクローズアップ現代、あさイチ、NHKスペシャルなどでユマニチュードを取り上げてきたので、期待できます。今までの2冊は創設者であるイヴさんや本田美和子医師が関わってますが、今回は初の第三者の視点からの本なので、全く違ったものを期待してます!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)