「タクティールケア」 は魔法の認知症ケアではない!

「タクティールケア」は、魔法のような手法ではナイヨ

これは週刊BS-TBS報道部で放映された、舞浜倶楽部という介護施設を運営されているスウェーデン人のグスタフ・ストランデルさんが話した言葉です。

ユマニチュードに注目が集まる中で、同じ触れるというアプローチで認知症ケアをする 「タクティールケア」 も比較されることが多いです。「ユマニチュードとの違い」 を検索される方が結構いらっしゃいます。

このグスタフさんは以前、日本スウェーデン福祉研究所にいらしたということで、日本における 「タクティールケア」 の中枢にいらした方なんですね。グスタフさんはこんなことも言ってました。

「魔法というのはアヤシイ」

確かにそのとおり。妙に期待させる認知症の本や番組が多いですが、魔法はないですからね。わたしはアホなので、とりあえず気になったら買ってみたり、試したりしてみるタイプです(笑)

タクティールケアの手順の一部

番組では 「タクティールケア」 の研修会をやっていて、参加者は介護・医療関係者ばかり。(家族向けのケアもあります)タクティールケアを行ったあと、どんな感じになるか参加者曰く、

「安心してお任せできて、終わってからも背中がほかほか」
「素人どうしでやってもリラックスできる そのあとの会話が全然違う」

タクティールケアのタクテイールって 「触れる」 という意味です。元々はスウェーデンの看護師さんが、未熟児に毎日優しく触れてケアしたら、症状が安定したところから来てます。認知症もそうですが、ガンの緩和ケアでも使われます。

指を閉じた状態で、かなりゆっくり服の上から背中をなでるように10分間触れます。必ずどこかに触れているようにする、離れると不安になる感覚 と施術する方が話されてましたが、ユマニチュード的な考えですよね。

「ユマニチュード」や「タクティールケア」に対する家族としての意見

わたしを例にすると、息子が母親に触れてなでる・・・日本人の感覚としてやっぱり恥ずかしいです。あと初期認知症ですから、きっと母はこういうでしょう。

「あんた、急にどうしたの?」

亡くなった認知症の祖母はやや高度レベルでしたが、こちらは結構触れてました。病院でベットで寝ていたからでしょうか、認知症が進行していたからでしょうか、なぜか祖母は抵抗がありませんでした。

特に初期認知症の人には、この欧米チックなアプローチはちょっと照れくさいんじゃないかなって思います。ハグやキスが文化として根付いている欧米とは、やっぱり違うんだと思うんですよね。介護職のみなさまはお仕事なので、視点はまた違います。あくまで家族としてです。

「タクティールケア」が認知症において最も効果を示すところとは?

浜松医科大学地域看護学講座が調べた結果、妄想観念、行動障害、不安・恐怖、攻撃性の4つで認知症の症状が改善されるか調査したところ、特に攻撃性に効果があるとのこと。

舞浜倶楽部では、徘徊の回数が大幅に減り不眠も減った人もいて、要介護度も4から3に下がった方もいるそうです。

最後にスウェーデンの税の考え方の話があって、直近の選挙で増税を訴えた野党が勝利したそうです。投票率は80%以上で、税は預けるものだと。使い方が透明なので、消費税率も25%にできるんですよね・・・

税を取られるという日本の言い方が信じられないんだそうですよ、あれれ・・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)